ここから本文です

ホーム開幕戦を迎える三遠ネオフェニックス、好相性の相手から今季初白星なるか

10/15(火) 16:27配信

バスケットボールキング

■三遠ネオフェニックスvs横浜ビー・コルセアーズ(@豊橋市総合体育館)
10月16日19時5分

 三遠ネオフェニックスが開幕4連敗と苦しんでいる。名古屋ダイヤモンドドルフィンズと対戦した前節の第1戦は前半で21点のビハインド。後半にジェシー・ゴーバンとデビン・イーバンクスのコンビで反撃したものの、65-75と10点差まで詰め寄るのが精一杯だった。第2戦も前半で14点差をつけられてそのまま敗戦。Bリーグデビューのゴーバンが2戦計42得点25リバウンド8アシスト4ブロック、寺園脩斗が2試合連続2ケタ得点と好要素もあった。

 三遠と顔を合わせるのは、前節の秋田ノーザンハピネッツ戦で今シーズン初白星を挙げた横浜ビー・コルセアーズ。6点ビハインドで迎えた第3クォーターに橋本尚明や田渡凌、牧全など日本人選手の活躍で試合をひっくり返すと、第4クォーターは相手を8点に抑え、最終スコア75-60と15点差で勝利を収めた。レジナルド・ベクトンが13得点9リバウンド、ジェイソン・ウォッシュバーンが17得点8リバウンドを挙げるなど外国籍選手も好調。第2戦は台風19号の影響により延期となったが、平日開催の今節に向けていい準備をしているだろう。

 両チームは過去3シーズンで20回対戦。15勝5敗と大きく勝ち越している三遠は、ホーム開幕戦で得意の相手から今季初勝利を奪いたいところ。前節のように前半から出遅れるのを避けるためには、司令塔の寺園がゲームをコントロールし、川嶋勇人や西川貴之も得点面で貢献しなければならない。また、横浜は生原秀将が負傷したため、田渡だけでなく竹田謙や秋山皓太といった控えガードの活躍も必須だ。

■ロースター
・三遠(ヘッドコーチ:ブライアン・ロウサム)
デビン・イーバンクス
寺園脩斗
川嶋勇人
北原秀明
ジェシー・ゴーバン
太田敦也
柳川龍之介
岡田慎吾
ダシルバヒサシ
西川貴之
鈴木達也
菅野翔太
カイル・バローン

・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
橋本尚明
レジナルド・ベクトン
ホール百音アレックス
アキ・チェンバース
ハンター・コート
ジョルジー・ゴロマン
牧全
田渡凌
秋山皓太
竹田謙
エドワード・モリス
ジェイソン・ウォッシュバーン
生原秀将
小原翼

BASKETBALL KING

最終更新:10/15(火) 16:27
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事