ここから本文です

アロンソが新人で53本塁打、イエリッチ2年連続… MLB投打タイトル【ナ・リーグ】

10/15(火) 7:40配信

Full-Count

イエリッチは2年連続で首位打者を獲得、アロンソは新人最多本塁打を抜く

 2019年のMLBのタイトルホルダーを見ていこう。今季のナ・リーグは、話題性のあるタイトルホルダーが多い。各部門の5傑を見ていこう。

【動画】「現実的じゃない」…ストラスバーグが魅せた衝撃3者連続3球三振の全9球

○打率
1 C・イエリッチ .3292(ブルワーズ)2年連続2回目
2 K・マルテ .3286(ダイヤモンドバックス)
3 A・レンドン .319(ナショナルズ)
4 J・マクニール .318(メッツ)
5 N・アレナド .315(ロッキーズ)

 27歳のクリスチャン・イエリッチが2年連続でタイトル獲得。昨年はMVPにも輝いたが今年はどうなるか。

○本塁打
1 P・アロンソ 53本(メッツ)初
2 E・スアレス 49本(レッズ)
3 C・ベリンジャー 47本(ドジャース)
4 C・イエリッチ 44本(ブルワーズ)
5 N・アレナド 41本(ロッキーズ)
5 R・アクーニャJr. 41本(ブレーブス)

 24歳、今季メジャーデビューしたピート・アロンソが本塁打王。2017年にヤンキースのアーロン・ジャッジが作った新人最多本塁打記録も抜いた。

○打点
1 A・レンドン 126打点(ナショナルズ)初
2 F・フリーマン 121打点(ブレーブス)
3 P・アロンソ 120打点(メッツ)
4 E・エスコバー 118打点(ダイヤモンドバックス)
4 N・アレナド 118打点(ロッキーズ)

 29歳、ナショナルズの主軸、アンソニー・レンドンが初タイトル。

○盗塁
1 R・アクーニャJr. 37個(ブレーブス)初
2 T・ターナー 35個(ナショナルズ)
3 J・ダイソン 30個(ダイヤモンドバックス)
3 C・イエリッチ 30個(ブルワーズ)
5 V・ロブレス 28個(ナショナルズ)

 昨年の新人王、21歳のロナルド・アクーニャJr.が盗塁王。アクーニャは41本塁打。あと3盗塁で、MLB史上5人目の「40-40クラブ(同一シーズンに40本塁打40盗塁)」入りだった。

1/2ページ

最終更新:10/15(火) 10:11
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事