ここから本文です

最も平均試合時間が短かったのは中日&オリックス 2019年の「スピードアップ賞」が発表

10/15(火) 13:21配信

Full-Count

今季試合を早く進めた選手とチームを表彰

 日本プロ野球機構は15日、「ローソンチケット スピードアップ賞」の受賞者を発表した。コミッショナー表彰として試合をスピーディーに進めた選手及びチームを表彰するもの。

【一覧】2019年セ・パ両リーグ個人タイトルホルダー一覧

 投手部門は、先発で120投球回以上、救援で50投球回以上を投げた投手を選考対象とし、最も平均投球間隔(無走者時)が短かった選手を選出。セ・リーグは巨人のメルセデス投手(9.2秒)、パ・リーグはソフトバンク高橋礼投手(10.0秒)が表彰された。

 打者部門では、規定打席に達した打者の中で、最も相手投手の平均投球間隔(無走者時)が短かった打者を選出。セ・リーグではDeNAの大和(11.8秒)、パ・リーグではオリックスの福田周平選手(12.55秒)が表彰された。

 また、レギュラーシーズンにおいて最も平均試合時間(9回試合のみ)が短かったチームとして、セ・リーグは中日(3時間9分)、パ・リーグからはオリックス(3時間13分)が表彰された。

Full-Count編集部

最終更新:10/15(火) 13:37
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事