ここから本文です

楽天が平石前監督、阪神は浜中1軍打撃、伊藤トレーニングコーチが退団… 各球団発表、15日の人事は?

10/15(火) 21:57配信

Full-Count

巨人は小谷巡回投手コーチの退団を発表、本人から体調面に不安と申し出

 楽天は15日、今江年晶内野手の現役引退を発表した。来季の戦力構想から外れ、コーチ要請の打診を受けて保留していた。今江はPL学園から2001年ドラフト3位でロッテに入団。05、10年の日本シリーズでMVPを獲得するなど、2度の日本一に貢献し、日本が初代王者に輝いた2006年の第1回WBCに出場した。FA権を行使して2016年に楽天に移籍。今季は26試合の出場に留まっていた。現役通算1704試合出場、1682安打、打率.283、108本塁打、726打点。楽天はまた、平石洋介前監督が2019シーズンの監督契約満了に伴い、退団することを発表した。球団から2軍統括のポストを用意されたが、退団を選択した。

【最新版】各球団発表、2019-2020年の引退、戦力外、自由契約一覧

 巨人は、小谷正勝巡回投手コーチの退団を発表。本人から体調面に不安があるため退団したいとの申し出があり了承した。阪神は浜中治1軍打撃コーチ、伊藤敦規1軍トレーニングコーチの退団を発表した。

 
■セ・リーグ
【巨人】
小谷正勝巡回投手コーチ 退団

【阪神】
浜中治1軍打撃コーチ 退団
伊藤敦規1軍トレーニングコーチ 退団

■パ・リーグ
【楽天】
平石洋介前1軍監督 退団
今江年晶 現役引退

Full-Count編集部

最終更新:10/15(火) 21:57
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事