ここから本文です

米大手銀の決算ラッシュ、15日に4行-ゴールドマンのシェアなど注目

10/15(火) 13:55配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 米国の大手銀行4行JPモルガン・チェースとゴールドマン・サックス・グループ、 シティグループ、 ウェルズ・ファーゴが15日、7-9月(第3四半期)決算を発表する。

金利が不安定に推移し、新規株式公開(IPO)が難航し、トレーディングの動向および地政学的情勢などが銀行の業績に影響する中で、同じ日に決算発表が重なる。貿易戦争や中東情勢にも注目が集まっており、トランプ米大統領のツイートが全てをひっくり返すリスクも常にある。

アナリストの1株利益予想に、JPモルガンとゴールドマンのトレードウェブ・マーケッツ持ち分やゴールドマンが保有するウーバー・テクノロジーズ株の評価、JPモルガンとウィーワークとの関係からの影響などが織り込まれているかどうかも不明だ。

ブルームバーグ・インテリジェンス(BI)のアリソン・ウィリアムズ氏は、JPモルガンとゴールドマンの市場シェア、シティとウェルズ・ファーゴのコスト削減に着目すべきだと指摘する。

同氏は「コストはシティにとって極めて大事だ」とし、「市場シェアはJPモルガンを支えるだろうが、トレーディングと手数料収入での進展はゴールドマンにとってより重要だ」と語った。

ウルフ・リサーチのアナリスト、スティーブン・チューバック氏は、ローンとクレジットの最新情報を引き続き注視。アップルとのクレジットカード事業に関するゴールドマンのコメント、レポ市場の混乱や2020年の大統領選挙とエリザベス・ウォーレン上院議員の政策についてのコメントに注目するという。

リージョンズ・バンクのウェルスマネジメント部門最高投資責任者アラン・マックナイト氏は、銀行幹部からのローンと設備投資についての発言が景気の先行きのヒントになるとみている。

原題:Dimon Will Go First in ‘Fire Hose’ Deluge of U.S. Bank Earnings(抜粋)

(c)2019 Bloomberg L.P.

Felice Maranz

最終更新:10/15(火) 13:55
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ