ここから本文です

西野監督率いるタイがUAE破ってG組首位に! チャナティップ&ティティパン不在もティーラトン&ティーラシン躍動

10/15(火) 23:34配信

ゲキサカ

 2022年カタール・ワールドカップのアジア2次予選が15日に行われた。元日本代表監督の西野朗氏が指揮を務めるタイ代表はUAE代表に2-1で勝利。グループGの首位に立った。

 “タイのメッシ”FWチャナティップ(札幌)や大分MFティティパンを負傷で欠くタイ代表は、DFティーラトン(横浜FM)や元広島のFWティーラシンといった主力が名を連ねる。前半26分、左サイドからのクロスをティーラシンが頭で合わせ、先制に成功。しかし前半終了間際に失点してしまい、1-1で前半を折り返した。

 主力を欠くタイだが、後半6分に勝ち越し点を挙げる。MFエカニット・パンヤのシュートは相手GKに触れられながらもゴールネットを揺らした。タイはそのまま逃げ切り、2-1で試合終了。ティーラトンとティーラシンはそれぞれフル出場した。

 勝ち点3を積み上げたタイは、首位のUAEと順位を逆転。さらに同じく勝利を収めて同勝ち点7に並んだベトナム代表にも得失点差で上回り、グループ首位に立った。タイは11月14日に敵地でマレーシアと、19日には敵地でベトナムと対戦する。

最終更新:10/15(火) 23:34
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事