ここから本文です

嘉義県と滋賀県の高校生、ボーイスカウトで交流深化へ/台湾

10/16(水) 11:57配信

中央社フォーカス台湾

(嘉義中央社)南部・嘉義県で来年初めに実施される高校生を対象としたボーイスカウト大会に、滋賀県の高校生が初参加することが決まった。ボーイスカウト日本連盟の嶋田寛・国際委員長と日本ボーイスカウト滋賀連盟の安居祐治・県連盟コミッショナーらが14日、翁章梁嘉義県長を訪問し、合意に達した。

大会は来年1月18~22日、嘉義県内の大学などで実施。滋賀連盟が派遣する高校生が台湾の家庭にホームステイし、台湾の文化に触れながら台湾人メンバーとの交流キャンプに臨む。後日、嘉義県も日本に代表を派遣して相互訪問を行い、友好関係を深める予定。

双方を取り持った中華民国童軍総会の蘇徳祥秘書長は、日台間のボーイスカウト交流はこれまで北部・桃園市と兵庫県、南部・高雄市と福岡県など台湾の都市部を中心に行われてきたと説明し、地方の嘉義県にも交流の輪が広がったことに喜びを示した。また、日本にはほかにも多くの地方連盟があるとして、台湾のほかの県市とのマッチングにも意欲を示した。

(蔡智明/編集:塚越西穂)

最終更新:10/16(水) 11:57
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事