ここから本文です

インセンティブを「LINEポイント」に一本化、LINE Payがポイントの発行主体に

10/16(水) 10:00配信

MONEYzine

■LINE Payがポイント発行主体に

 LINE Payは10月15日、LINEから「LINEポイント」の発行業務を引き継いで発行主体となることを発表した。

 「LINEポイント」の「LINE Pay」での利用については、今後も引き続き、「LINEポイント」の1ポイント=「LINE Pay残高」の1円相当として支払いに使うことができる。「コード支払い」やオンラインでの支払い時に、決済画面内で「LINEポイント」を選択することで優先的に利用され、支払いに充当できる。

コード支払いやオンライン支払い時の「LINEポイント」利用画面 現状では同様の機能がないプリペイドカード「LINE Pay カード」や「QUICPay+」(Android対応端末のみ)においても、「LINEポイント」を利用して支払いが可能になるよう、準備を進めている。

 一方、発行主体の変更によって、次のような変更が行われる。2019年11月1日以降、「LINE Pay」のユーザー還元プログラム「マイカラー」、来年から提供予定の「Visa x LINE Payクレジットカード」を含め、「LINE Pay」のインセンティブは「LINEポイント」に変更となる。また、「キャッシュレス・消費者還元事業」での還元については、2020年1月1日以降「LINEポイント」の付与に変更される予定。

 すでに発行された「LINE Payボーナス」は、引き続き、支払いやLINEの友だちへの送付に利用することができる。また、これまで提供していた「LINEポイント」のメニューから「LINE Pay」の残高に交換・チャージする方法については、LINE Payで、よりスムーズにLINEポイントを利用可能にするため、2019年12月末をもって終了する。

■dポイント、Amazonギフト券などへの交換は終了

 2019年12月27日、LINEポイントの外部サービスへの交換は順次終了となる。終了となる外部交換先は、dポイント、Amazonギフト券、nanacoポイント、メトロポイント、Pontaポイント、選べるe-GIFT、ベルメゾン・ポイント、JALマイレージバンク。

 今後、LINEポイントはLINE Payでの決済や、その他LINE関連サービスで利用可能なポイントになる。

■今回の変更の背景について

 LINEポイントは、LINEの各種サービスの利用や、LINE公式アカウントの友だち追加・動画視聴などを通じてためることができる。LINE Payでは、これまで「LINE Payボーナス」を利用特典などとして付与してきた。「LINE Payボーナス」は、ユーザー全員が「LINE」友だちへの送付が可能で、これを通して送金体験が可能となる。

 一方で、LINE上でポイント形態が複数存在していたこと、特典を発行するLINE関連サービスが増加していることなどから、今回のポイントサービスの変更に至ったという。

 今後は、LINE全体で発行するインセンティブをLINEポイントに一本化し、エコシステムの軸としてLINE PayやLINEの各種サービスの共通ポイントとしていく。また、LINEポイントの利用先として最も多いLINE Payが主体となって発行することで、連携を強化し、さらに貯めやすく、使いやすいサービスを目指す。

最終更新:10/16(水) 10:00
MONEYzine

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事