ここから本文です

絶好調の畑岡奈紗と横峯さくらが参戦 アジアシリーズがスタート

10/16(水) 17:24配信

ゴルフ情報ALBA.Net

<ビュイック LPGA上海 事前情報◇16日◇チージョン・ガーデンGC(中国)◇6691ヤード・パー72>

超貴重 アダム・スコットのクラブセッティング【クラブ写真】

米国女子ツアーは今週から4戦のアジアシリーズに突入。中国、韓国、台湾、そして日本開催の「TOTOジャパンクラシック」後は1週間のオープンウィークをはさみ、最終戦を迎える。

中国の上海で行われる本大会には、日本から畑岡奈紗と横峯さくらが参戦。シーズン終盤に向けて、すこしでも上位でのフィニッシュを迎えたいところ。大会を放送するWOWOWのインタビューに答えた2人の声をお届け。

今季は米国女子ツアー1勝ながら、海外女子メジャー5戦で3度の予選落ちを喫した畑岡は、その後国内メジャーで2連勝。好調をキープしたまま、決戦に挑む。

「日本のメジャーでふたつ勝てたので、すごく自信にもなりました。残り数少ない試合になってきましたが、アメリカツアーでもあと2勝(今シーズン)できるように、頑張りたいと思います」

現在の女子世界ランキングでも4位と、名実ともに世界のトッププレーヤーとなった畑岡。残り少ないなか、米4勝目を果たし、ディフェンディングチャンピオンとしてTOTOに戻りたい。

出場選手が絞られるアジアシリーズに滑り込んだ横峯も調子を上げており、上位進出に期待がかかる。先週は台風の影響で、出場した国内ツアーの「スタンレーレディス」を1日で去ることになったが、実は体調面で不安も。

「2日前にめまいというか、ちょっと歩けないような感じになっちゃって。それで、病院に行って、『入院しますか?』といわれたのですが、この試合に出たかったので、とりあえず、1回家に帰ってというところです」

思わぬ状態に陥り、万全ではないなかでの参戦。「やっぱり、この中国と台湾は自分の力でつかみ取った試合でもあるので、すごく出たいなという気持ちが強かった。今、ここに来られて良かったです」としたが、不安は残る状況だ。

米国ツアー4勝目を狙う畑岡と初優勝を目指す横峯。中国の地から吉報を届けてほしい。

(撮影:村上航)<ゴルフ情報ALBA.Net>

最終更新:10/16(水) 17:24
ゴルフ情報ALBA.Net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事