ここから本文です

<台風19号>台風去った深夜にゴー!と激しい音、川越の障害者施設で浸水 入居者は無事、復興作業へ

10/16(水) 10:07配信

埼玉新聞

 大谷川沿いにある埼玉県川越市平塚新田の障害者支援施設「初雁の家」の入居者35人は、市内の名細中学校や旧公民館で、13日から避難生活を続けている。

<台風19号>川越の特養が浸水、入居者ら230人を救助 施設関係者ら出迎え「もう大丈夫だよ」

 施設関係者によると、台風19号が過ぎ去った13日午前1時すぎに大谷川が決壊。「ゴー」という激しい音と同時に黄色く濁った水が逆流し、入居者が暮らす館内の床が一気に浸水し始めた。

 入居者の大半は、台風が上陸する前の12日午後2時ごろに名細市民センターや広谷小学校に避難したが、他の数人は施設から約300メートル離れた関連施設に避難。その建物は13日午前3時ごろから徐々に浸水が始まり、同日朝に消防隊のボートで救出された。

 名細市民センターと広谷小学校に避難した入居者らは、市からの勧めもあり、より広いスペースが使える名細中学校に移った。現在は市やボランティアから食料が提供され、入浴も市内にある介護施設の風呂を利用している。

 14日現在、初雁の家は、浸水と昨日の雨の影響で、重い泥水のぬかるみが残っていて、明日以降に復興作業を進めていく予定。入居者は「早くいつも通りの生活がしたい」「施設に行って、掃除を手伝いたい」と話している。

最終更新:10/16(水) 10:07
埼玉新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事