ここから本文です

富山湾の魅力、世界に発信 湾クラブ総会が開幕 

10/16(水) 11:26配信

北日本新聞

 富山湾が加盟する「世界で最も美しい湾クラブ」の世界総会in富山が16日、富山市の富山国際会議場で開幕した。総会は15回目で、日本での開催は初めてとなる。15の国・地域にある33湾から過去最多の128人が参加し、海洋環境保全の取り組みや富山湾の魅力を世界に発信する。20日まで。

 開会式で石井隆一知事が「富山湾のブランド価値を高め、環境保全と観光振興が両立できるよう取り組みたい」とあいさつし、全国に先駆けて始めたレジ袋無料配布廃止などを紹介。ミッシェル・プジョルド理事長は「富山は絆を深めるのに素晴らしい場所だ」と述べた。参加者は台風19号の犠牲者を悼み、黙とうをささげた。

 一行は県美術館と富岩運河環水公園を視察。ANAクラウンプラザホテル富山で開かれた歓迎晩さん会では、富山湾の魅力を発信する民間組織「美しい富山湾クラブ」の永原功会長の発声で乾杯し、190人が親睦を深めた。

 参加者は17日からクラブの今後の活動ビジョンについて意見交換し、18日に成果を盛り込んだ「富山宣言」を採択する。19日は射水市の海王丸パークでパレードなど多彩な催しを繰り広げ、20日は5コースに分かれて県内各地を巡る。

 世界総会は県と、沿岸7市2町などでつくる実行委員会が開く。

最終更新:11/2(土) 11:35
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事