ここから本文です

民進党・頼氏、米国で蔡総統への支持呼び掛け/台湾

10/16(水) 17:50配信

中央社フォーカス台湾

(サンフランシスコ中央社)与党・民進党の頼清徳前行政院長は15日、来年1月に実施される総統選で再選を目指す蔡英文総統への投票を呼び掛けるため、米国での遊説をサンフランシスコからスタートさせた。頼氏を巡っては、副総統選候補として蔡総統とコンビを組む可能性について注目が集まっているが、この日の集会では明言を避けた。

頼氏は15日、サンフランシスコで、蔡総統の再選を応援する北カリフォルニア地区の後援会の成立大会に出席。頼氏が公の場で談話を発表するのは6月の民進党の党内予備選終了以来初めてとなった。

頼氏は、今回の遊説は自身の責任のためであり、職務とは無関係だと説明。次期総統選での自身の役割については「民主主義で党内を団結させ、蔡氏をアップグレードさせること」だと位置付けた。さらに、「蔡氏の続投は、市長さえもまともにできない韓国瑜氏(国民党公認候補)に比べ、国家を統率し、台湾を強くする能力が必ずやある」と対立候補をけん制した。

会場には北カリフォルニア在住の台湾人600人余りが駆け付けた。頼氏はシカゴやワシントン、ニューヨークにも足を運び、支持集めを行う。

(周世恵/編集:名切千絵)

最終更新:10/16(水) 17:50
中央社フォーカス台湾

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事