ここから本文です

GENERATIONS×FANTASTICSコラボも!台風一過の「ドリフェス」で6組熱演

10/16(水) 9:00配信

音楽ナタリー

10月13日に千葉・幕張メッセ国際展示場9~11ホールで、イベント「テレビ朝日開局60周年記念 テレビ朝日ドリームフェスティバル2019」の2日目公演が開催された。

【写真】BOYS AND MEN(メディアギャラリー他18件)

1日目は台風19号の影響で中止となってしまった今年の「ドリフェス」。2日目は開演時刻を1時間遅らせる形で実施され、GENERATIONS from EXILE TRIBE、ジェジュン、きゃりーぱみゅぱみゅ、FANTASTICS from EXILE TRIBE、モーニング娘。'19、BOYS AND MENの6組が競演を果たした。

トップバッターを務めたのはBOYS AND MEN。彼らは一部活動を休止中の田中俊介、そして台風19号の影響による交通機関の乱れで参加が叶わなかった勇翔を除く8名でステージに臨んだ。8人は水野勝の口上から「男は歌舞いて花となれ」で勢いよくライブをスタートさせると、ステージいっぱいに広がって「炎・天下奪取」を歌い、「まえのめりMinority」では花道やステージだけでは飽き足らず、メンバーがフロアに降りて客席中を駆け回る。学ランを脱ぎ捨て鍛え上げた肉体を見せつけながら客席を走った辻本達規は、後ろの壁をタッチして戻ってこようとしたが間に合わなかったと言い、水野から「お前は何やってんねん。歌うほうに集中して(笑)」と注意されていた。その後ボイメンは「新幹線変形ロボ シンカリオン THE ANIMATION」のオープニングテーマとして広く知られている「進化理論」や最新シングル「頭の中のフィルム」のカップリング曲「夢Chu☆毒」をパフォーマンス。最後は「ヤングマン~B.M.C.A.~」を観客と一緒に歌って踊り、にぎやかにステージを締めくくった。

赤いミニワンピースに白のジャケットを合わせたスタイルで現れたモーニング娘。'19は、1曲目に「One・Two・Three(updated)」を選曲。続く「ジェラシー ジェラシー」では花道の先のセンターステージで鋭いラップを繰り出し、続く代表曲「ザ☆ピ~ス!」ではお決まりのコールで会場を1つに。譜久村聖が15期生の北川莉央、岡村ほまれ、山崎愛生を迎えた現体制では初めてのイベント出演であることを来場者に告げたあと、14人はヘヴィなサウンドに乗せてたくましいボーカルが響く「HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~」でフロアを熱くさせる。なりふり構わず髪を振り乱しながら「シャボン玉」を熱唱したあとは間髪入れずに「Tokyoという片隅」、最新シングル「人生Blues / 青春Night」の表題曲の1つ「青春Night」を披露。センターステージに移動して始まった新曲「KOKORO&KARADA」では、息のあったダンスとエネルギッシュな歌を届ける。ラストは「わがまま 気のまま 愛のジョーク」「What is LOVE?」とアッパーチューンを畳みかけた。

大歓声に迎え入れられたFANTASTICS from EXILE TRIBEは、デビュー曲「OVER DRIVE」でパフォーマンスをスタート。サビでは観客も声を上げ、さっそくフロアは大きな盛り上がりとなった。「Can't Give You Up」ではステージいっぱいにメンバーが広がり、オーディエンスとコール&レスポンスを繰り広げる。八木勇征は「大勢の皆さんの前でパフォーマンスをすることができて僕たち幸せです」と挨拶し、中島颯太は現在1stツアー「FANTASTICS SOUND DRAMA 2019 FANTASTIC NINE」の真っ最中であることをアピール。手短にMCを済ませると、2人の透き通った歌声とパフォーマーたちのしなやかなダンスで魅せる3rdシングルの表題曲「Dear Destiny」を披露した。中島が“ドリフェスバージョン”としてボーカルだけでパフォーマンスすることを告げ、八木と2人で届けたのは「Believe in Love」。2人の甘い歌声が会場を満たしたあとは、パフォーマー6人がソロを含むダンスをたっぷりと時間をとって披露し、来場者を魅了した。「Every moment」でタオルを回して盛り上がったFANTASTICSは、続いて12月4日発売の4thシングル「Time Camera」をパフォーマンス。そしてステージのラストを「Flying Fish」で爽快感たっぷりに締めくくった。

7年ぶりの「ドリフェス」出演となるきゃりーぱみゅぱみゅは「バーチャルぱみゅぱみゅ」が流れるステージに、自身でデザインしたという5年前の衣装をアレンジしたものを着て登場。まずは公開中の映画「ジョン・ウィック:パラベラム」の挿入歌としても話題を集める「にんじゃりばんばん」、最新アルバム「じゃぱみゅ」の収録曲「音ノ国」と、和のエッセンスを取り入れた楽曲を連続で届けた。ひさしぶりの「ドリフェス」出演を喜んだきゃりーは代表曲の1つ「ファッションモンスター」やアッパーな「原宿いやほい」、クラブさながらの低音が響く「CANDY CANDY -Remix-」を披露。きゃりーのキュートなラップが炸裂する「演歌ナトリウム」では、観客たちもダンスで楽曲を盛り上げる。そしてハロウィンシーズンにぴったりな「Crazy Party Night~ぱんぷきんの逆襲~」できゃりーのライブは幕引きとなった。

バンドと8人のダンサーを率いて登場したジェジュンは、鋭い眼差しを客席に向け「Sweetest Love」でライブをスタート。表情は徐々にほぐれ、1曲目が終わる頃には柔らかい笑顔を見せた。「昨日は台風がヤバかったですね。本当に大変な天気の中この会場まで来てくださって誠にありがとうございます」と挨拶し、ジェジュンは2年ぶりの「ドリフェス」への意気込みを「会場が変わって新しい感じもします。今日は一生懸命最後まで歌いたいと思います」と述べる。そして9月にリリースしたカバーアルバム「Love Covers」より、DREAMS COME TRUE「未来予想図II」、玉置浩二「メロディー」、尾崎豊「Forget-me-not」のカバーを披露。バンドの生演奏に乗せて届けられるジェジュンの心を込めた熱唱に、観客はうっとりと酔いしれた。パワフルなバンドサウンドとジェジュンの力強い歌声が響く「Good Morning Night」では、観客がタオルやペンライトを回し、ステージからはメタリックテープが発射される。ラストは「守ってあげる」で大合唱を巻き起こし、温かな雰囲気の中ジェジュンのライブは終了した。

トリを務めたGENERATIONSのライブはパーティチューン「AGEHA」で始まった。彼らはそのまま「G-ENERGY」「BIG CITY RODEO」とアンセムを連発し、さっそくフロアはこの日一番の盛り上がりを見せる。片寄涼太が「幕張メッセの皆さん、今日は楽しんでいきましょう!」と呼びかけ始まったのは、片寄が川栄李奈とダブル主演を務めたアニメーション映画「きみと、波にのれたら」の主題歌「Brand New Story」。7人はじゃれ合いながらステージを移動し、観客と一緒にリズムに合わせて手を振った。片寄が「日本代表のラグビーも気になると思いますけど、今日は最後まで楽しみましょう」と笑い、数原龍友が「応援の気持ちを一緒に届けましょう」と呼びかけると、GENERATIONSは関口メンディーがラップで参加する「Control Myself」を披露。メンディーが「幕張、さあ、行こう!」と声を上げ始まった「Hard Knock Days」では数原がドラムを叩きながら熱唱し、片寄の美声が会場いっぱいに響く。さらに彼らはORANGE RANGE「花」のカバーや「少年」といった心に沁みるナンバーでオーディエンスを酔わせた。「DREAMERS」ではモニターに歌詞が映し出され、観客たちはメンバーと一緒にシンガロング。ライブ初披露となった最新曲「EXPerience Greatness」ではダンサーが大勢登場し、ステージにミュージックビデオと同様のにぎやかな雰囲気が作り上げられた。

終盤にはGENERATIONS from EXILE TRIBE vs FANTASTICS from EXILE TRIBE名義で発表された「Supersonic」で、GENERATIONSとFANTASTICSによるステージ上でのコラボレーションが実現。7月に行われたライブイベント「BATTLE OF TOKYO ~ENTER THE Jr. EXILE~」以来となるスペシャルなコラボに会場は大いに沸いた。そのまま2組は「Y.M.C.A.」でも共演。15人の華やかなパフォーマンスで「テレビ朝日開局60周年記念 テレビ朝日ドリームフェスティバル2019」10月13日公演は幕を閉じた。なおCSテレ朝チャンネル1では2020年1月に「テレビ朝日開局60周年記念 テレビ朝日ドリームフェスティバル2019」の模様がオンエアされる予定。

■ 「テレビ朝日開局60周年記念 テレビ朝日ドリームフェスティバル2019」2019年10月13日 幕張メッセ国際展示場9~11ホール セットリスト
□ BOYS AND MEN
00. NO LIMIT
01. 男は歌舞いて花となれ
02. YAMATO Dancing
03. BOYS AND MEN 夜露四苦
04. 炎・天下奪取
05. まえのめりMinority
06. なごやめしのうた
07. 進化理論
08. 夢Chu☆毒
09. ヤングマン~B.M.C.A.~

□ モーニング娘。'19
01. One・Two・Three(updated)
02. ジェラシー ジェラシー
03. ザ☆ピ~ス!
04. HOW DO YOU LIKE JAPAN? ~日本はどんな感じでっか?~
05. シャボン玉
06. Tokyoという片隅
07. 青春Night
08. KOKORO&KARADA
09. わがまま 気のまま 愛のジョーク
10. What is LOVE?

□ FANTASTICS from EXILE TRIBE
01. OVER DRIVE
02. WHAT A WONDER
03. Can't Give You Up
04. Dear Destiny
05. Believe in Love
06. ダンストラック
07. Every moment
08. Time Camera
09. Flying Fish

□ きゃりーぱみゅぱみゅ
00. バーチャルぱみゅぱみゅ
01. にんじゃりばんばん
02. 音ノ国
03. キミに100パーセント
04. ファッションモンスター
05. 原宿いやほい
06. CANDY CANDY -Remix-
07. 演歌ナトリウム
08. Crazy Party Night~ぱんぷきんの逆襲~

□ ジェジュン
01. Sweetest Love
02. 未来予想図II(オリジナル:DREAMS COME TRUE)
03. メロディー(オリジナル:玉置浩二)
04. Forget-me-not(オリジナル:尾崎豊)
05. 君だけになる前に
06. Good Morning Night
07. 守ってあげる

□ GENERATIONS from EXILE TRIBE
01. AGEHA
02. G-ENERGY
03. BIG CITY RODEO
04. Brand New Story
05. Control Myself
06. Hard Knock Days
07. 花
08. 少年
09. DREAMERS
10. EXPerience Greatness
11. to the STAGE
12. Supersonic
13. Y.M.C.A.

(c)テレビ朝日ドリームフェスティバル2019 (撮影:岸田哲平)

最終更新:10/16(水) 9:00
音楽ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ