ここから本文です

宮城・丸森町 保科町長に訊く 復旧の見通し~甚大な台風19号被害 

10/16(水) 21:40配信

ニッポン放送

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(10月16日放送)に、台風19号による被害の大きい宮城県丸森町の保科郷雄町長が電話で出演。被害状況と復旧への道のりについて訊いた。

台風19号の爪痕深く

台風19号の被害で、これまでに12の都と県で74人が死亡、13人が行方不明となっている。また、55の河川の79ヵ所で堤防が決壊。床上浸水などの住宅被害は1万棟を超えた。浄水場の水没や水道管の破裂により13都県の11万戸以上で断水となっており、停電も解消されつつあるものの、まだ広い地域で続いている。

森田耕次解説委員)記録的な大雨をもたらした台風19号による行方不明者の捜索は、今日16日も東日本の被災地で続きました。生存率が下がる目安の災害発生から72時間を経過したと見られ、時間の余裕はありません。大規模な浸水や土砂崩れで、複数の孤立集落が出ました宮城県丸森町は被害の全体像がなかなか把握できないと伝わっていますが、その宮城県丸森町の保科郷雄町長と電話がつながっています。なかなか丸森町の被害の全体像が伝わりにくいのですが、いま町長はどのようなことを把握されているのですか?

保科)雨が降ってから2日ほどは、動けない状況にありました。現在は排水が終わったものですから、徐々に災害状況を把握ということで、国、国交省、県、自衛隊の皆さんの協力を得て、道路の破損が多いので、応急措置をしながら孤立場所に進んでいます。

森田)排水ですが、これはほぼ終わったということでよろしいのでしょうか?

保科)中心市街地は終わりました。他の地域についても、浸水しているところはほとんどありません。

森田)そうすると、いま孤立している場所はないということでしょうか。

保科)いいえ、冠水で孤立しているのではなく、道路が寸断されたことによって孤立しているのです。

森田)なるほど。どれくらいの世帯が孤立しているというのは、まだ把握できないでしょうか?

保科)約2割の地域が孤立しています。食料品や水などは、自衛隊の皆さんにお願いして、ヘリコプターで投下しています。

森田)避難されている方ですが、現在どれくらいに上っているでしょうか?

保科)16日現在で約300人強です。

森田)どういった場所に避難されていらっしゃるのですか?

保科)まちづくりセンターや学校、体育館にお願いしている状況です。

森田)テレビの映像で見たのは、道路の土に「水、食料」と書いたSOSですが、あの地域はどうなっていますか?

保科)孤立した地域にあっても避難所に集まりながら、町指定の避難所だけでなく、近くの集会所にも避難しています。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 21:40
ニッポン放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい