ここから本文です

アイシングループ、リスク先読み支援システムなど出展予定…ITS世界会議2019

10/16(水) 13:15配信

レスポンス

アイシングループは、10月21日から25日まで開催される「第26回ITS世界会議シンガポール2019」に、コネクティッド分野に関連する開発中の技術6点を出展する。

今回は出展コンセプトは「The next frontier in mobility」。「乗る喜びを感じる」「あなたを見守る」「社会とあなたをつなぐ」の3つのうれしさを実現する開発中の技術を紹介する。

「リスク先読み支援システム」は、フロントカメラ映像、地図情報およびクラウド上のビッグデータから、回避が必要な走行中のリスクを先読みし、シーンに応じた運転行動をドライバーに提示。誰でも規範ドライバーのような防衛運転ができることをめざしたシステムだ。

「おもてなしサービス」は、車室内やドライバーを検知する技術と車体製品を連携。乗員の動きや状況に合わせたドアの開閉やシートの調整、忘れ物のお知らせなど、快適な移動のための「おもてなし」を提供する。

「路面状態推定」は、車載センサーやアクチュエーターのデータから路面状態を推定し、位置情報に基づいて収集したビッグデータから付加価値を生成していくシステム。配送業者や一般ドライバーなどに向けて、快適かつ安全なルート提案を行うこと、さらには道路管理者に向けて効率的な道路メンテナンスへの活用を想定している。2019年10月より愛知県岡崎市で実証実験を開始している。

「物流支援」では、カーナビゲーションシステムで培われたルート探索技術と高精度な到着時刻予測技術をベースとした、物流に最適化した運行ルートの作成や、配送計画と現況との差分検出などのクラウドサービスを通じ、荷主や物流会社が運行状況をWEBサイトでリアルタイムに確認できる。

「チョイソコ」は、地域の交通不便解消や外出促進に貢献する、オンデマンド乗り合いサービス。高齢者の健康増進につながる外出機会の促進を狙い、2018年より愛知県豊明市で運用を開始している。

「ILY-Ai」は、全世代の移動をサポートするパートナーモビリティだ。カメラ、2次元/3次元レーザーを活用し安全に走行するための知能化安全技術を搭載。さらに主人を認識し追従する機能、AI技術とレーザーで障害物を回避しながら走行する技術を搭載し、施設内や将来の公道走行に必要とされる進路上の衝突等のリスクを低減する。

《レスポンス 纐纈敏也@DAYS》

最終更新:10/16(水) 13:15
レスポンス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事