ここから本文です

コウソクストレートの半弟フェルハールがC.ルメール騎手でデビュー/関西馬メイクデビュー情報

10/16(水) 18:01配信

netkeiba.com

 毎週のようにお伝えしているのが、現在の新馬戦の除外状況。先週に関しては、東京ダート1400mが新設されて、2レースに増えたわけだが、それでもそれぞれのレースで除外が出た。頭数は2レース合わせて12頭。このタイミングで新設していなければ、この路線は大変なことになっていた。

 今週以降で除外が増えそうなのが東京芝1400m。先週のこの番組は14頭除外だったが、今開催は最終週まで東京芝1400mはない。東京芝1600mへ回る馬もいるだろうが、今週末のレースでもどのくらいの除外が出てくるのか注目しておくべきだろう。

【10月19日(土) 京都ダート1400m】

◆ピラミッドムーン(牡、父Cairo Prince、母She Hung the Moon、栗東・松永幹夫厩舎)

 日本で活躍するCairo Prince産駒に、今夏にテレQ杯を勝ってオープン入りしたモンペルデュがいるが、これが同じ松永幹夫厩舎。馬のタイプについて聞いてみると「全然違いますね。モンペルデュは圧倒的なスピードで押し切るタイプで、距離は短ければ短いほどいいタイプ。こちらはゆっくりとスピードに乗っていく、そんなタイプです」と松永幹夫調教師。

 そんなタイプの違いもあり、本馬は坂路であまり速い時計は出ていない。それでも動きには力強さがあり、そんな動きを調教師は高く評価している。あとは実戦でどんな走りを見せてくれるかだろう。鞍上は川田将雅騎手が予定されている。

【10月19日(土) 京都芝1600m(牝)】

◆アトリビュート(牝、父ディープインパクト、母ブラックエンブレム、栗東・高野友和厩舎)

 母は2008年の秋華賞でG1を制覇。美浦の小島茂之厩舎の所属馬だったが、この時は栗東に滞在しての調整だった。半姉ウィクトーリア(父ヴィクトワールピサ)も同じパターンで秋華賞制覇を狙ったが、ローズS3着後に故障が判明し、惜しまれながら引退という形になっている。

 本馬は6月26日にノーザンF天栄から栗東へ入厩し、ゲート試験合格後に一旦放牧へ。その後はノーザンFしがらきで調整し、9月25日に栗東へ再入厩している。坂路での追い切りが中心だが、時計的にはあまり速くない。それでも常に併せ馬で負荷をかけられており、中身の濃い調教は出来ているはず。鞍上は川田将雅騎手が予定されている。

【10月20日(日) 京都芝1400m】

◆フェルハール(牝、父ダイワメジャー、母メジロアリス、栗東・安田隆行厩舎)

 半兄コウソクストレート(父ヴィクトワールピサ)は2017年ファルコンSを勝った快速馬。本馬については「良いスピードは持っていますが、距離はマイルまでこなせそうな融通性はあります」と安田隆行調教師。

 9月4日にノーザンFしがらきから栗東へ入厩しており、ゲート試験合格後も追い切りを順調に消化。10月10日にレースで騎乗予定のC.ルメール騎手が跨って、CWで併せ馬を行っているが、後ろから追いかけて、最後の直線は抜群の手応えで先着。時計も6F83.1秒、1F11.9秒と速く、単なるスピード馬という印象はない。

【10月20日(日) 京都芝1800m】

◆レクセランス(牡、父ディープインパクト、母エクセレンスII、栗東・池添学厩舎)

 母は現役時代にフランスで2勝を挙げており、半姉エクセランフィーユ(父Frankel)は未勝利、1勝クラスと連勝中。

 本馬は10月9日にレースで騎乗予定の川田将雅騎手が跨って、1勝クラスとの併せ馬。先行していたこともあり、最後は同入だったが、6F82.4秒、1F11.8秒という時計は評価できる。10月2日のCWでの動きに比べると、かなりしっかりしていたので、ジョッキーが跨ったことで気持ちが入った走りになったのかも知れない。ディープインパクト産駒だが、エンジンがかかるまでに少し時間を要するタイプに思えるだけに、初戦は道中の位置取りなどがポイントになりそう。 

(取材・文:井内利彰)

最終更新:10/16(水) 18:01
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事