ここから本文です

台風19号被災、運動部室浸水 菊川・岳洋中、部員総出で清掃

10/16(水) 8:00配信

@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

 台風19号の豪雨で浸水した菊川市下平川の岳洋中で15日、生徒たちが部室の清掃に励んだ。校庭にある運動部の部室棟は12日夜に膝丈まで水に漬かり、各部とも部員総出で作業に追われた。

 陸上部は部員12人が練習時間を削り、室内の備品をすべて搬出。蒸れた臭いに悪戦苦闘しつつ、ホースで水をまき、ブラシで床を磨いて器具も洗った。部長(2年)は「大会前で練習を頑張っている中での台風だったけれど、みんな元気で笑顔もあったので安心した」と話した。

 市によると、15日時点で把握されている家屋浸水被害は床上22件、床下97件。特に岳洋中の近くを流れる黒沢川や丹野川、牛淵川沿いなどで広範囲に被害があり、今も復旧作業が続いている。

 同市下平川の工芸品店「陶美庵」では500~600点の作品が水に漬かり、営業に影響が出ている。外国人向け保育施設では職員が休日返上で室内を清掃し、運営を再開させた。保育士は「当日は日本語が苦手な保護者から風や浸水への不安を訴える連絡がたくさんあった」と話した。

静岡新聞社

最終更新:10/16(水) 8:00
@S[アットエス] by 静岡新聞SBS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事