ここから本文です

【JRA】サトノルークス池江師「福永騎手との手も合いそう」/菊花賞共同会見

10/16(水) 21:12配信

netkeiba.com

■サトノルークスを管理する池江泰寿調教師

――今朝の最終追い切りについて教えてください
池江 先週、しっかりやりましたしレース間隔も詰まっているので馬なりで行いました。(福永騎手が)初めて騎乗するので馬の特性や気性を掴んでもらうように、そのあたりを主に感じ取ってもらいたいというのがテーマでした。状態は使って上積みもありますし、調教は先週しっかり追い切りをやっています。

 今週はそんなに派手な動きやタイムではなかったのですが、福永騎手との手も合いそうだな、と思いました。しっかり道中もなだめて走らせてくれていましたんでね。福永騎手も乗りやすい馬だと言っていました。そういう印象でレースに臨んでくれるのはありがたいな、と思います。

――中間の調整は?
池江 在厩のまま調整しました。とにかく順調に来た、という感じですね。

――前走のセントライト記念を振り返ってください。
池江 状態に関してはやや急仕上げの感がありました。もう1本欲しいな、という状態のレースでした。馬場も重馬場で走りにくそうでしたし、直線も窮屈だったんですが。それでも2着に来てくれましたので能力の高さを再確認しましたね。

――ひと夏を越して、春からの成長はいかがでしょうか?
池江 体つきはたいして変わっていないのですが、春のクラシックは2冠ともあまり成績がよくなかったので、精神的にダメージを受けて秋緒戦もいい走りができないんじゃないかな、という心配をしていたんですが。それも杞憂に終わって春のクラシックで心が折れなかったのはよかったと思います。

――舞台は京都芝3000mです。
池江 引っかかるほどではないけど、ややハミを噛んで前進気勢が旺盛です。そんな前向きな面が3000mもつか、というテーマです。でも、今日の福永ジョッキーとの初コンタクトを見てもしっかり折り合いもついていましたし、うまくこの馬の能力を引き出してくれるんじゃないかな、と思います。血統的には母の父がサドラーズウェルズ。スタミナは豊富にあるんじゃないかな、と思っています。

――重馬場の適性は?
池江 前走のセントライト記念は重馬場でした。騎乗してくれた川田騎手が良馬場だったらもっとやれた、と言ってくれました。願わくば、良馬場でやらせたいです。でも、こればっかりは仕方ないのでね。腹をくくっていますけれどもね。

――最後にひとこと。
池江 今年の春のクラシックまではダークホース的な存在でした。たくさんの方に支持していただきましたが、皆さんの期待を失望させるようなレース内容でした。なので、秋は応援してくださった皆さんに恩返しをしたいと思っています。ぜひ注目していただければ、と思います。

(取材・文:花岡貴子)

最終更新:10/16(水) 21:12
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事