ここから本文です

南野2発!カズに並んだ開幕3戦連発「チームに貢献できてよかった」

10/16(水) 6:05配信

スポーツ報知

◆W杯アジア2次予選 日本3―0タジキスタン(15日・ドゥシャンベ)

 サッカー日本代表はMF南野拓実(24)=ザルツブルク=がW杯2次予選開幕から3試合連発となる2得点を挙げる活躍で、タジキスタンに3―0で勝利した。後半8分、ヘディングで苦しい展開を打ち破ると、同11分には右サイドからのクロスを合わせた。FW三浦知良(52)=横浜C=が93年に記録したアジア予選開幕からの連続ゴール記録に並んだ。

 当たり前のように、ゴールを奪う。南野が開花させつつある決定力を、また見せつけた。前半はゴールを奪えず、勢いづくタジキスタン・サポーターの声も大きくなりつつあった後半8分。鎌田のパスを受けたMF中島が左サイドからクロスを送ると、ファーサイドでフリーとなった背番号9が、ヘディングでネットを揺らした。93年米国大会アジア1次予選で記録した三浦知良以来、26年ぶりの開幕から3戦連発。一瞬で敵地を静まり返らせた、貴重な先制ゴールだった。

 3試合続けて頭で奪ったゴールに「ヘディングはあんまり得意ではないですけど…背が高くないので、そこまでの動き出し、いかに相手のセンターバックの前に入ったり裏を取ったりが勝負。そういうところが、自分の強みでもある」と駆け引きで奪ったゴールに胸を張った。後半11分にはDF酒井の高速クロスに飛び込み芸術的なヒールシュートで2点目。アジア予選3戦4発、歴代4位タイの国際Aマッチ4戦連発と勢いはとどまるところを知らない。

 得点のきっかけはトップ下で先発の南野が、1トップで先発したFW鎌田との間で交わした“ささやき”だった。二人はともにトップ下が本職。前半は入れ替わりながらのプレーを試みたが、プレーエリアが重なり、うまくパスを受けられず。そこで南野は、前半終了間際に「もうちょっと役割分担をはっきりさせよう」と提案した。自身が最終ラインと駆け引きする1トップに出て、鎌田は最も得意なトップ下に専念し、先制ゴールの起点に。「お互いに長所を出し合ってプレーできた。僕はチーム(ザルツブルク)で1トップをやっていたこともあるし、FWの動き出しはできるので」。不動の1トップ・大迫が負傷で不在の中、新たな“オプション”となる可能性を感じさせた。

 ザルツブルクでは欧州CLで昨季王者のリバプールからも得点するなど、クラブレベルでも急成長を遂げつつある。DF長友は「乗りに乗ってますよね。自信が全てを変えるというくらい」と頼もしい後輩の得点をたたえた。「大舞台を経験して、自信はついてきている。急に技術が上がるわけではない。言葉で言うのは難しいですが…選手としての自信ですね」。南野もつかみつつある自信を認めた。森保ジャパンにおける不動の得点源としての地位を固めようとしている24歳。かつてFW岡崎が背負った9番が、似合う選手になりつつある。(金川 誉)

最終更新:10/16(水) 7:17
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ