ここから本文です

エルトン・ジョン、マイケル・ジャクソンは「精神を病んでいた」

10/16(水) 11:00配信

デイリースポーツ

 エルトン・ジョン(72)が、マイケル・ジャクソンは精神的に病んでいたと話している。かなり昔にマイケルに初めて会ったというエルトンは、長年にわたってマイケルのことが心配だったと明かしている。

 自伝『ミー:エルトン・ジョン』からの抜粋の中で、エルトンはこう振り返っている。

 「僕はマイケルが13か14歳だった時から知っている。信じられないくらい可愛らしい少年だった」

 「しかし、それから数年間の間にいつの間にかマイケルは世界から自分を隔離するようになり、エルヴィス・プレスリーがしたように現実からも離れていってしまった」

 「彼の頭の中では何が起こっていたのか、一体どんな処方薬を摂取していたのか知る由もない。とにかく晩年に僕が彼に会う時は毎回、かわいそうなこの男は正気を失っていると思った」

 「これは気楽に言っているじゃない、本当に精神的に病んでいた。近くにいるとこちらまで心をかき乱されるような人だった」

 また、エルトンはマイケルをパーティーに招待した際のこと振り返り、気が付くとマイケルがその場からいなくなっており、エルトンの家政婦の息子と遊んでいるのところを見つけられたことを明かし、「理由は何であれ、彼は大人と一緒にいることができないように見えた」と綴っている。

 そんな中、今年公開されたダン・リード監督によるドキュメンタリー映画『ネバーランドにさよならを』に関して、マイケルの家族は、同作は完全なるフィクションで茶番だと一蹴していた。マイケルから性的虐待を受けていたと主張するジェイムズ・セーフチャックとウェイド・ロブソンに焦点が当てられた同作は、先月クリエイティブ・アーツ・エミー賞にてドキュメンタリー/ノンフィクションスペシャル部門を受賞していた。(BANG Media International/デイリースポーツ)

最終更新:10/16(水) 11:37
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事