ここから本文です

【菊花賞馬体診断】レッドジェニアル

10/16(水) 14:16配信

デイリースポーツ

 「菊花賞・G1」(20日、京都)

 出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評のある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、菊花賞に出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

【写真集】G1馬体診断 菊花賞出走馬の馬体をチェック

 【レッドジェニアル 評価B】

 ダービー時は詰まったローテションも影響してか、体が戻り切らなかった印象。あばらがくっきりと見え、トモも凹凸がなく膨らみがなかった。休養明けの神戸新聞杯は厚みのある馬体に変貌。中3週で挑む今回は大きな馬体減りがなく、維持できるかがポイントだ。1週前段階では、あばらを見せて皮膚は薄くなり、トモも多少膨らみを欠いている。とはいえ、ダービーよりは凹凸があり反動も少なかったと判断。成長を感じる分、B評価としたい。週末と当週追いでトモに厚みが出てくればポイントアップ。(馬サブロー栗東・吉田順一)

 〈1週前追い切り診断〉栗東坂路で4F54秒6-39秒5-12秒3(一杯)。ギルマ(3歳2勝クラス)との併せ馬で1馬身先着。ひと叩きされたことで動きに活気が出てきた。

最終更新:10/16(水) 14:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事