ここから本文です

テレ朝 不適切演出の内容公表…担当Dの知人を「客」として放送、「Jチャンネル」

10/16(水) 20:30配信

デイリースポーツ

 テレビ朝日が16日、都内の同局で緊急記者会見を開き、夕方のニュース番組「スーパーJチャンネル」(月~金曜、後4・50)で「不適切な演出」があったことを明らかにし、謝罪した。放送したのは今年3月15日で、「業務用スーパーの意外な利用法」という内容。業務用でありながら個人で買い物に来た客の「人間模様」を描く趣旨で、この「個人」が実は担当ディレクターの知人だったことが判明したとしている。

 同局が配布した資料によると、問題となった企画は「スーパーJチャンネル」内の「業務用スーパーの意外な利用法」。今年3月15日(金)に放送された。放送枠は午後5時36分から同53分。「業務用の食品などを扱うスーパーマーケットに密着し、業務用でありながら業者ではなく個人で買い物に来た客の人間模様を描くコーナー」という趣旨で、2017年2月から不定期に放送。当該の放送はシリーズ第5弾だったという。

 「不適切な演出」について同資料で、「放送に登場した客のうち、主要な部分を構成している4人が担当の契約ディレクターの知人だったことが判明した」と公表。「担当ディレクターはこの4人を含む多くの知人に事前に取材日程を教えるなどしていた」という。担当ディレクターは俳優養成教室の講師も兼ねており、4人のうち3人が生徒だったと資料には記されている。他の1人は別の専門学校の人物で面識があったが、放送では4人全員に初対面を装ったという。

 全員が、「店内では個人の必要に応じて自分用の買い物を」したそうで、番組内で披露した本人自身の家庭のエピソードなどにつては「概ね実情にあった内容だった」としている。

最終更新:10/16(水) 21:39
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事