ここから本文です

木村拓哉 フレンチの天才シェフ役「料理も全部自分で作っています」

10/16(水) 20:52配信

デイリースポーツ

 俳優・木村拓哉(46)が16日、TBS系主演ドラマ「グランメゾン東京」(20日スタート。日曜・後9・00)の試写会・制作発表に共演の鈴木京香(51)、沢村一樹(52)、及川光博(49)、Kis-My-Ft2の玉森裕太(29)、尾上菊之助(42)とともに登壇した。

 ある事件をきっかけに仲間も店も失った天才フレンチシェフが、再び夢を追うストーリー。リアリティを追い求め、白いコックコートに身を包み、登場した木村は「3話まで撮り終わっています。着々といろんなお皿に絵をつけているところ。ぜひ、できあがったものを皆さんに楽しんで頂きたいと思います」と手応えを口にした。

 8月末にパリでクランクイン。現地の超高級三つ星レストラン「ランブロワジー」で日本初のロケを敢行した。劇中では、流ちょうなフランス語も披露し、「料理も全部自分で作っています」と“木村シェフ”自作の豪華フレンチが並ぶ。「テナガエビのエチュベ」をワンシーンで16人前もつくったことを明かした。

 主人公・尾花夏樹(木村)とともに三つ星レストランを目指し奮闘する早見倫子役の鈴木は、木村をはじめとした共演陣を見つめ「世界で最高峰のステキな方と仲間としてお仕事をさせてもらって、今、日本で一番うらやましがられる女性は私だと実感している」と笑顔で話した。

最終更新:10/16(水) 20:59
デイリースポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事