ここから本文です

『死役所』主演・松岡昌宏×原作・あずみきし スペシャル対談公開

10/16(水) 7:00配信

オリコン

 TOKIOの松岡昌宏が主演するテレビ東京の新しい深夜ドラマ枠「ドラマホリック!」第1弾『死役所』(毎週水曜 深0:12)。きょう16日深夜の放送開始を前に、松岡と原作者のあずみきし氏の対談が実現した。

【写真】第1話の場面カット

 同ドラマは、さまざまな理由で亡くなった人々が、死後の行き先を決めるため、必ず訪れる役所“死役所”を舞台に、“生と死”や“天国と地獄”といった深いテーマを、個性的なキャラクターたちが、時に軽やかに、時に厳かに魅せていく。原作漫画は『月刊コミックバンチ』(新潮社)で連載中。

――これまで映像化は困難と言われてきたあずみ先生の『死役所』が、松岡昌宏さん主演でドラマ化ですね。
【あずみ】ありがたいことに、これまでドラマ化のお話を本当にたくさんいただきまして。要となるシ村役のキャストの方のお名前を聞いて、「ちょっと違うなぁ」と思うこともあったんですけど、今回は「主演は松岡さんで」とおうかがいして、「行けるな」と思いました。

【松岡】本当ですか? ありがとうございます。俺は、原作を読んで、「なぜ俺にシ村がきたんだろう?」って謎でしたけどね(笑)。

【あずみ】読者の方は、肯定派も否定派ももちろんいると思いますけど、単純に私は「見たい!」って思いました。

【松岡】良かった。そう言って頂けるのは、役者冥利に尽きるので。

【あずみ】私のいきつけの美容師さんも「ドラマ全部観ているファンですが、シ村にぴったりです。って言っておいて」って(笑)。

【松岡】その方に「あなた様は仏様です」って言っておいて下さい(笑)。

――松岡さんはシ村をどう演じるか固まるまで、かなり試行錯誤されたそうですね。

【松岡】僕はいつも役のバックボーンを設定するんですけど、シ村の場合、以前実際に起きた、痛ましい事件をふと思い出して。もしかしたら、シ村はそういう悲劇を経験した人なのかもしれないと思った。その悲しみや痛みを想像しながらもう一回台本を読み直したら、人間性がしっくりイメージできるようになりましたね。

【あずみ】はぁー、バックボーンを考えるなんて、すごいですねぇ……!

【松岡】小説をドラマ化するときは、僕らが絵コンテを作るので、いろんなことができるんですが、漫画原作はすでに絵コンテのようなもの。原作の雰囲気を守りながら、リアリティーある色付けをするかが重要ですからね。

【あずみ】なるほど。

――松岡さんは先生に何か聞きたいことはありますか?

【松岡】もう漫画の結末は、決まっているんですか?

【あずみ】まだ決まってないんですよ。

【松岡】僕も読んでいて思いました。まだこれどうにでも転がせるから、今結末を決めたらもったいないだろうなと。最終回を決めたら、編集者が「先生、もうちょっと続けてみましょう」って言うでしょうね(笑)。

【あずみ】そうですね。厳しい担当さんがついているんで(笑)。まだまだ書きたいものはたくさんあって、何パターンか考えていますから。いくらでも書けると思っています。

【松岡】それは助かった! 先生の中でオチが決まっていると、結末に合わせて僕の芝居も変えなきゃいけない。完璧に決まっていたら、シ村のキャラの方向性が微妙に違ってくることもあるので、ほっとしました。

【あずみ】はい。そこはどう転んでも大丈夫なように演じていただければ。

【松岡】もし決まったなら、教えて下さいね。

【あずみ】あはは。しばらく決まらないです。

――松岡さんはドラマ版の『死役所』を通して、視聴者にどんなメッセージを伝えたいですか?

【松岡】死の世界って、遠い世界のことのように思う方も多いかもしれませんが、現実的なものだと思うんです。僕は、子どもの頃から人はいつか死ぬものだということを念頭に置いて生きてきて、“今日死んでもいいように”ってことを考えて生きてきましたからね。そういう考えを持っているので、死の世界をリアリティーがあるものとして表現したいです。

 放送する水曜深夜のドラマ枠は新設枠なんですよ。監督やカメラマンは何人かいるんですが、女性スタッフが多いですし、若い子も多い現場。新しい挑戦が詰まったドラマで『死役所』の世界観をリアリティーたっぷりにお届けします。

――ありがとうございました。あずみ氏の初撮影現場潜入の模様や松岡の役作り秘話などを盛り込んだスペシャル対談完全版は、21日発売の『月刊コミックバンチ』2019年12月号に掲載。

最終更新:10/18(金) 8:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事