ここから本文です

テレ東・佐久間P、熱狂のラジオイベント「クルーのおかげで最高の船出に…」

10/16(水) 20:10配信

オリコン

 『ゴッドタン』などを手がけるテレビ東京プロデューサーの佐久間宣行氏(43)が8日、東京・下北沢の本多劇場で、自身がパーソナリティーを務めるニッポン放送『佐久間宣行のオールナイトニッポン(ANN)0(ZERO)』(毎週水曜 深3:00)の番組イベント『佐久間宣行のオールナイトニッポン0(ZERO)リスナー感謝祭2019~sailing day~』を開催した。番組スタートから、わずか半年でのイベントは極めて異例だが、この日の会場の熱気、サプライズゲストで登場したおぎやはぎ・小木博明(48)の様子などを目の当たりにすると、それも納得だった。

【イベント写真】サプライズゲストに小木博明が登場

 演劇の聖地にスーツ姿で登場した佐久間氏が、オスカー・ワイルドをはじめとした世界の演劇人たちの名言を紹介すると、会場からは笑い声。その直後には、クエンティン・タランティーノ監督の映画『パルプ・フィクション』風のオープニング映像が流れ、いよいよ“船長”と“野郎ども”による航海がスタート。手拍子で迎えれた佐久間氏が笑顔で呼びかけた。

 「本当に本日はお集まりいただきありがとうございます。もう同罪ですからね(笑)。お互い様ですからね。1万通応募があったんですよ。そんなことあります? ニッポン放送がちょっとしたパニックになっている。革命が起きているんです。みなさんから一言だけもらっていいですか。きょうは盛り上がっていけますか? ラジオ好きか?」。佐久間氏の煽りに会場が一体となって声を上げた。

 盛大に幕開けした後は、佐久間氏のフリートーク。「ラジオで話しにくいことがいくつかあるんです。でも、これだけ約束してください、ノーツイート」と切り出すと、自身の体験談を熱弁し、会場を一気に沸かせた。その後は、番組内で行われている「カンペッ!」のコーナー。カンペを片手に現場にいる、収録時のスタイルを忠実に再現するために舞台中央にスケッチブックを持った佐久間氏が座った。そんな様子を「これ(松本人志がスケッチブックを使って大喜利の答えを出す)『ひとりごっつ』のスタイルじゃない。芸人が怖くてやってなかったスタイル」とツッコミを入れながら、笑いを誘った。

 「佐久間船長の人生相談」では、遠距離恋愛、マンションの購入、1歳になる子どもの誕生日に何をするべきか、風俗といった多彩なお悩みが寄せられ、佐久間氏が頭を悩ませながら回答していき、会場からは笑いと感嘆の声が。その後、サプライズゲストの登場が予告され、佐久間氏が「イベントも後半になりまして、もうひとりだったら、この人に来てほしい」と紹介し、自身が『ゴッドタン』にレギュラー出演している小木が姿を現すと大きな歓声が上がった。

 佐久間氏のトークを聞いていたという小木は「ラジオとか何回も聞いたことあるけど、やっぱりここ出た時に、スタンダップコメディーの感じに見えるし(古舘伊知郎の)トーキングブルースにも見えるし、もしくは稲川淳二にも見える。すごいなと思って、こんなにひとりでしゃべっている」と絶賛。佐久間氏が「小木さんはアウェイが強いじゃないですか」と向けると「ホームは逆に安心しきっちゃって、はっきり言って全力を出していない。最初にレギュラーをもらったのが佐久間さんで、なんでも編集で面白くしてくれるから、それが悪かったんだよね。『ゴッドタン』で面白くなくても堂々と帰るから」と笑わせた。

 小木の熱は冷めることなく、佐久間氏がラジオを始めたことによる衝撃を「神田松之丞のラジオも聞いているんだけど、全く一緒なんだよ」と形容。自身がTBSラジオ『木曜JUNK おぎやはぎのメガネびいき』でパーソナリティーを務めていることから「佐久間さんのせいで、ニッポン放送がすごくなってきているんだよ。。何かが変わるんだよ。実感したの。この人持っていくなって。これからの時代を背負っていくっていうか。違うんだよな。何か説明できないんだけど、ラジオのスターみたいな。ニッポン放送がすごいことをしたっていう感じがする」と最大級の賛辞を送って、予定の時間を大幅にオーバーするサービスで会場を盛り上げた。

 そして迎えたエンディング。ギターが置かれた舞台に上がった佐久間氏が「本当に出ずっぱりなんですね」と話しながら、自身の幼少期の思い出をトーク。「このラジオが始まった時に制作に言われたことは断らないと決めたんです。僕も芸人さんに無茶ぶりをしてきたので。全部やると決めたので」と切り出すと、ギターの弾き語りを始めた。佐久間氏が紡ぐ「sailing day」に会場が一体となり、最後は全員の「ヨーソロー」がこだまする中で大団円を迎えた。

 翌9日深夜に放送された『ANN0』。佐久間氏は冒頭で「本多劇場、揺れたよね」とガハハと高笑いをしていた。「クルーのおかげで最高の船出になったと思う。とてつもなくいい船出になって、できればまたチャンスがあればやりたいなと思っています」。船長の船出はまだ始まったばかりだ。

最終更新:10/18(金) 15:25
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事