ここから本文です

【英会話】「ぜひうちに泊まって。"フトン"があるから」は英語でなんと言う?

10/16(水) 8:00配信

婦人公論.jp

*****

We have friends staying tonight,
so let’s prepare the futon.
(今夜は友だちが泊まるから、ソファーベッドの準備をしよう。)

【キーワード】
futon = ソファーベッド

*****

◆欧米の futon は吹っ飛ばない

日本人が和製英語をよく使うように、欧米でも「英製和語」が使われることがあります。主に日本の文化に関わる単語で、例えば、sushi、samurai、futonなどです。しかし、日本語本来の寿司、侍、布団とはニュアンスが異なる。欧米人にとっては刺身もsushiですし、足軽もsamuraiといいます。futonに関しては、布団とはまったく別のものといえるでしょう。

欧米では、友だちが家に泊まりに来るときに"You are welcome to stay at our house. We have a futon you can sleep on."(ぜひうちに泊まって。"フトン"があるから)などといいます。日本人がそういわれたら、布団を敷いてくれるのだと思うのではないでしょうか。

しかし英語でいうfutonは、折りたたみ式のソファーベッドのこと。客用、もしくは狭いアパートに住んでいる人が使うようなものです。欧米人にとっては、sofa bedというと、ちょっとダサいイメージ。futonだと、おしゃれな印象があるのです。

では、日本語の敷き布団は英語でどう表現すればよいでしょうか。欧米ではベッドで寝るので、mattress(マットレス)が敷き布団に相当します。でもこれはスプリングがあるのが普通なので、日本の敷き布団とはやはり異なりますね。スプリングがないものはmatですが、あまり寝心地がよくありません。

もしかしたら、「伝統的な布団」を意味するtraditional futon(トラディショナル・フトン)が一番いいかもしれません。ちなみに、僕が好きな日本語のダジャレは「布団が吹っ飛んだ」。この面白さを英語で伝えることは、できそうにありません。

ルーク・タニクリフ

最終更新:10/16(水) 8:00
婦人公論.jp

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事