ここから本文です

奥川?石川?ダブル獲得?ドラゴンズ2019ドラフト戦略への夢と期待

10/16(水) 10:11配信

CBCテレビ

毎年のことなのだが、この季節が来るとソワソワしてしまう。今年もプロ野球のドラフト会議が近づいてきた。

【動画】セ・リーグ9月の月間MVPに中日ドラゴンズの福田選手 プロ入り初受賞

根尾獲得の余韻は今なお

2018年のドラフト会議は中日ドラゴンズにとって「120%成功」と評価されるものだった。地元・岐阜県飛騨市出身、高校球界のスーパースター根尾昂選手を抽選によって見事1位指名で獲得。その後も2位指名の梅津晃大投手はじめ有望な選手を着実に獲得できた。1年目から1軍で活躍した選手もいれば、来たるべき日に備えて2軍で研鑽を積んだ選手もいたが、チームにとっても、私たちファンにとっても、記憶に残るドラフト会議だった。

ドラフトもうひとつの大切な目的

ドラフト会議とは? もちろん「戦力補強」が大きな目的である。そしてもう一つ大切な目的がある。「チームに勢いをつける」ことである。
ドラゴンズで言えば、かつて1986年(昭和61年)ドラフトで、新監督の星野仙一さんが、5球団が競合した高校生左腕・近藤真一(現・真市)投手のクジを引き当てた瞬間が忘れられない。39歳の若き監督を迎えたドラゴンズファンはそのガッツポーズに拍手喝采、翌年夏のルーキー近藤投手のノーヒットノーランでのデビューへと夢を紡いでいったのだった。
他球団では北海道日本ハムファイターズが「その年の一番いい選手の獲得をめざす」という方針を貫いている。実に潔い。1位指名の抽選で度々勝利し、チームの勢いと魅力を全国のプロ野球ファンに披露してきた。ドラゴンズのフロントにも現場にも、是非そんなアピールを期待したい。

「戦力補強」と「チームに勢いをつける」という2つの観点から、2019年ドラゴンズのドラフトを展望したい。ポイントは2つである。

奥川投手で「投手王国復活」へ

まず「投手王国の復活」だ。
2019年シーズンは、覚醒した3年目の柳裕也投手が初の2ケタ勝利となる11勝を挙げ、前年は1勝もできなかった大野雄大投手がノーヒットノーランに加えて最優秀防御率のタイトルを獲得するなど左右の両輪が活躍した。2人とも投球回数170イニングを超えたことは立派である。
それに加えて若手投手の台頭。3年目の藤嶋健人、2年目の清水達也と山本拓実、ルーキーの梅津晃大と勝野昌慶といった投手が躍動した。「投手王国の復活」は手応え十分である。それをさらに推し進めるため、ドラゴンズは先のスカウト会議で1位指名を奥川恭伸(やすのぶ)投手(星稜高)や佐々木朗希投手(大船渡高)ら4人の投手に絞った。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 10:11
CBCテレビ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事