ここから本文です

【最新】吉田カバン・ポーターの財布4選。やっぱミリタリーならコレでしょ!

10/16(水) 7:00配信

LEON.JP

ポーターといえばミリタリーモチーフのバッグが人気ですが、小物のラインナップも充実しています。特に財布は他にはない独特な世界観が魅力。休日用の財布としてもひとつあると重宝しますよ。

ミリタリーを独自に昇華させた世界観がクセになります

フライトジャケットMA-1をモチーフとしたタンカーシリーズに代表されるように、ミリタリーのディテールを積極的に採用してきたポーター。ゆえに、様々なタイプのミリタリーバッグが存在しています。

でも、ポーターといえば、バッグだけではありませんよね。そう、財布にも見事にミリタリーなディテールが落とし込まれていて、これがまた良い味を出しているんです。

休日をアクティブに過ごすときには、こういった財布もまたオトコらしさを演出できるのでオススメ。柄だったり、象徴するディテールだったり、ポーターらしい独自のエッセンスが仕込まれているところにも注目です。

ひと目で分かる「っぽさ」がファンにはたまりません

ベストセラーの「タンカー」シリーズの財布に相応しい、見事なまでのタンカーっぽさが何よりの魅力。スナップボタンなどの金属部分はあえて色が剥がれる塗装になっていて、使うほどに味わいが生まれるように計算されています。

内装には当然ながらオレンジカラーのパーツを採用。カードポケットは6つ。札入れももちろん装備しており、一般的な二つ織りの財布と機能は変わりません。

コーデに映えるオレンジ×カモ柄が主張

オレンジカラーの差し色が遊び心たっぷりなカモフラージュ柄は、いわゆるウッドランドパターンをベースに作製したオリジナル。綿ボンディング加工を施したナイロンツイルの生地を採用し、なかなかにインパクトのあるルックスに仕上げています。

中を開くとさらにインパクト大。使い勝手の良い横型の二つ折りタイプで、2つある札入れは、ひとつがオープンタイプでひとつがジップ付き。

カモフラージュ柄を資料から忠実に再現

こちらの柄は、ハンティングなどに使われるトライバルカモ。国内有数の高密ジャカード織機で、一点ずつ織り上げた生地を採用しています。ほかに、ウッドランドカモ、ダイヤモンドシェイプ、アルペンカモといったオリジナルのミリタリー柄もラインナップ。

厚みを出さないよう、革小物に近い縫製方法を採用しており、内装もすっきりとした作り。とはいえ機能はしっかりと押さえてあって、使い勝手の面でも妥協はありません。

大人のミリタリーを体現した意欲作

他のカモ柄より落ち着いた雰囲気のタイガーカモを採用し、大人のミリタリーを体現。アメリカ海軍の特殊部隊用に開発された柄で、コットンダックにタイガーカモ柄をコーティングしています。同素材のウォレットコードが付属するのも好ポイント。

内装生地は発色の良いイエローを採用。閉じている際にも横からこのイエローがチラ見えするのも遊び心です。

※掲載商品は税抜です

写真/島本一男(BAARL) スタイリング/笠島康平 文/石井 良

最終更新:10/16(水) 7:00
LEON.JP

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ