ここから本文です

【漫画】島の子と、一文無しの日本の学者が出会い…「ニヤける」「好き」の声

10/16(水) 11:10配信

マグミクス

島の外に出たことがない女の子と、日本の海洋学者の出会い

 登場するのは、日本から来た海洋学者の男性と、マルタ島に住む女の子。ふたりの出会いを描いた創作マンガ『島の女の子と旅人の学者の話』がTwitterに投稿され、話題になりました。

【マンガ】日本の学者と、島の外を知らない女の子が出会う物語 本編を読む(14枚)

 読者からは「読んでてにやけてしまった」「このお話、好き」などの声があがっています。

 マンガの作者はpixivコミックで『あくまで君の天使になりたい』を連載中のかっくさん(@cak221)。今回の作品について、かっくさんにお話を聞きました。

ーーかっく様は多数の創作マンガを公開なさっています。『島の女の子と旅人の学者の話』のストーリーが誕生した経緯を教えて下さい。

 この作品は以前描いた『美女と漁師』という作品のスピンオフです。きっかけとしては、2018年にマルタ島へ旅行した際に、島という海に囲まれた閉鎖空間なのに、開放的な風土や文化に感銘を受けて、そこを舞台にしたマンガを描こうと思いました。

『美女と漁師』の方は島を舞台にしたものでしたが、海に囲まれて閉鎖された島から出ていきたい……と思う人間もいるのでは、と思ったのが『島の女の子と旅人の学者の話』誕生の経緯です。

 元々、『美女と漁師』のマナの妹・マヤにフォーカスした作品を描きたいなと思いながら登場させていました。そんな思いを元に、島で育った子が羽ばたいていくまでを描きました。

ーーふたりが再会したあとについて、想像がふくらみます。続編を描かれる予定はございますか? 日本でのふたりが恋に落ちる可能性はありますか……?

 続編は、時間ができた際にまた描きたいと思っています! 当初はここまで年齢の開いた設定にするつもりはなかったのですが、年の差カップルは描いたことがなく、年の差ならでは・異国間の恋に落ちる過程をぜひ描いてみたいです。

ーー女の子の描写がとても魅力的です。キャラクター作りで工夫なさっている点はありますか?

 ありがとうございます。キャラクター作りにおいて見た目に関しては、「性格や属性に沿った分かりやすさ」を意識しています。例えば、キツネ系統の顔ならつり目、かわいい感じなら目は大きく、おっとりした性格ならたれ目、など。もちろん、作品の内容によってはあえてはずすこともあります。

 内面に関しては、「この境遇、年齢、立場ならきっとこう感じる・行動するだろうな」というのを空想しながら、いつも探りさぐり描いています。描き上がった時に「この子はこういう子だったのか…」と思うことが多いです(笑)。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 13:20
マグミクス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事