ここから本文です

165センチで295ヤード! 小柄だけど曲げずに飛ばす今平周吾のスウィングをプロが分析

10/16(水) 6:32配信

みんなのゴルフダイジェスト

台風19号接近の影響で2日間競技となったブリヂストンオープンを制した今平周吾。165センチと小柄ながら平均飛距離は295ヤードと男子ツアーの平均以上。そのスウィングを、プロゴルファー・中村修が分析した。

今平周吾のドライバー連続写真

身長165センチから繰り出される295ヤードスウィング

台風19号接近の影響で2日間36ホールでの決着となったブリヂストンオープンは、昨シーズンの賞金王・今平周吾選手の連覇で幕を閉じました。

2位タイとのスコアはわずか1打差、11アンダーでの優勝でした。3日目、4日目があればたしかに他の選手にもチャンスがあったかもしれません。しかし「たられば」を語るよりも、何より最初の2日間でしっかりと結果を出したスウィングを評価するべきでしょう。

今平選手は身長165センチと小柄ですが、今年のデータを見ると平均飛距離は295.18ヤード、フェアウェイキープ率57.41%と、飛距離を出しながらも高い精度で飛ばすドライバーショットが武器と言えるでしょう。

今平選手が小柄ながら飛ばせるのは「回転力」を最大限活かしているから。バックスウィング(写真A)を見ると、早い段階で背中がターゲット方向に向いていることが分かります。上半身を深く回転させねじることで、ダウンスウィング時にスピードを出すための“助走”が取られているわけです。

バックスウィングでは、下半身は上半身に引っ張られて自然な形で回っていますが、ダウンスウィングでは下半身リード(写真B)。上半身を巻き戻してインパクトへ向かっていきます。

ここで注目したいのが、インパクト時の左わき(写真C)。胸にくっつけるように締めず、開いた形ですよね。もし左腕が胸に乗ったままの形だと体の左サイドに力が入らず、弱いインパクトになってしまうんです。今平選手は元々左利きなこともあってか、力の入れ方が非常に素晴らしいです。

もうひとつ、左ひざを見ると、インパクト時でも少し曲がっていることが分かります。これは多くのプロが採り入れる縦方向の力、地面反力をあまり使わず、体の回転力(トルク)でしっかり打っている証拠です。

1/2ページ

最終更新:10/16(水) 17:31
みんなのゴルフダイジェスト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ