ここから本文です

山本美月、ベストジーニスト初受賞 美脚披露「ジーンズ好きがバレた」

10/16(水) 6:47配信

MusicVoice

 最もジーンズが似合う有名人を決定する『第36回ベストジーニスト2019』(日本ジーンズ協議会主催)発表会が15日、都内でおこなわれ、中島裕翔と山本美月が一般選出部門を、出川哲朗と長谷川京子、E-girls(登壇者は楓)が協議会選出部門をそれぞれ受賞。ベストジーニスト初受賞となった山本は「嬉しい」と述べた。

【写真】美脚を披露した山本美月

 一般選出部門は、最もジーンズが似合う有名人を一般から募集。7万9502票を獲得して受賞した山本は「まさか自分が取れると思ってもいませんでした。普段から愛用しているので嬉しかった。何より一般投票で約8万人の方が投票してくださったのが嬉しい」と喜んだ。

 普段からジーンズを愛用しているといい、「数えたことはないけど」と20本ぐらいは保有していることを明かした。そのうえで「皆さんに私がジーンズを好きな事がバレていたんだなって思いました」と笑顔を見せた。

 更に「撮影の時は、体に跡がつかないようにスキニージーンズは避けて、ワイドなジーンズを履くようにしています。スキニージーンズはお休みの日にだいたい履いています。起きてパジャマからスキニージーンズに履き替えるとシャキッとします」と普段の様子を明かした。

 この日のファッションは「スキニーデニムを履きました。トップスがボータイブラウスのシャツで後ろにリボンがついているのでカジュアル過ぎず、可愛くクラシカルな感じでコーディネートを組みました」と紹介した。

最終更新:10/16(水) 6:47
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事