ここから本文です

高島屋・和菓子バイヤーがおすすめ!お持たせ3選

10/16(水) 10:00配信

magacol

紹介者高島屋MD本部・和菓子バイヤー 畑 主税さん

2003年に高島屋入社、洋菓子売り場、和菓子売場担当を経て、2009年に高島屋全店を担当する和菓子バイヤーに。全国1,000軒以上の和菓子店を巡り、実に10,000種類以上を味わった和菓子情報は、ブログ『和菓子魂!』で発信中。著書に『ニッポン全国 和菓子の食べある記』がある。

【超王道】

京華堂利保の「しぐれ傘」

1個(8人分)¥1,400
※電話注文にて取り寄せ可。

カステラに羊羹を挟んだシベリア風。ホールでは開いた傘、
カットして楊枝をさせば閉じた傘という情緒あるところが素敵

箱を開けると、開いた番傘を上から眺めたような丸いお菓子が現れます。
切り分けて付属の黒文字を刺すと、一転して畳んだ傘に。1903年創業「京華堂利保」の二代目が、
与謝蕪村の俳句「化けそうな傘かす寺のしぐれかな」に因んで考案した遊び心満載のお菓子。
しっとり焼いたカステラ生地にさらりと優しい口当たりの羊羹を挟んでいます。思わず、笑みがこぼれる銘菓です。

京華堂利保 
京都府京都市左京区二条通川端東入ル難波町226 
9:00~18:00 休:日曜、祝日、水曜

【女子ウケ】

つちやの「みずのいろ」

10枚入り¥1,200

手作業で成形された、カラフルなおはじきのような琥珀の干菓子。
大垣ならではの、水の四季を表現した和菓子らしさもあります

湧き水に恵まれ、「水の都」と称される岐阜大垣に店を構える「つちや」。豊かな水に映る緑樹や紅葉、
澄んだ空の色を表現したお菓子は、砂糖と寒天から作る「干錦玉」という伝統菓子を薄く仕上げ、
スペアミントやカモミール、バタフライ・ピーといったハーブで風味をつけています。
繊細な作りのため発送不可、店舗のみの予約販売。催事でも取り扱いされるのでHPで確認を。

つちや俵町本店 
岐阜県大垣市俵町39 
8:30~19:00 休:元旦

【激レア】

川口屋の「季節の生菓子」

右から豊年、月の雫、初もみじ各¥320(すべて税込み)
※常温配送ができる時期のみ、電話注文にて取り寄せ可。

一つ一つ餡を変えて、口にする度に楽しませてくれます。
昼前には売り切れてしまうので、予約しておくのがベスト

江戸前期の元禄年間に創業、300年以上もの歴史を有する和菓子店「川口屋」が手掛ける、
季節の移ろいを表した生菓子。この時期は、餅皮で備中白小豆の粒餡を包んだ「鳴子」や
多良間島産黒糖を使った大島餡入りの「豊年」、もみじをあしらった薯蕷饅頭「初もみじ」に
なめらか葛の中に栗餡が入った「月の雫」など、秋の風情を目でも舌でも存分に楽しめるお菓子が並びます。

川口屋 
愛知県名古屋市中区錦3-13-12 
9:30~17:30 休:日曜、祝日、第4土曜

最終更新:10/16(水) 10:00
magacol

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事