ここから本文です

金属片落下、走行中の車を直撃 岡山・北区の国道53号歩道橋

10/16(水) 12:37配信

山陽新聞デジタル

 15日午前11時ごろ、岡山市北区の国道53号清心町交差点に架かる歩道橋から腐食した金属片(長さ5センチ、幅1センチ、重さ6グラム)がはがれ落ち、約5メートル下を走行中の乗用車を直撃した。車の屋根がへこんだが、運転していた女性や同乗の男性にけがはなかった。

 国土交通省岡山国道事務所によると、歩道橋は1967年築。同事務所が15日夜に点検したところ、鉄製橋桁の一部が腐食でもろくなっており、落下の恐れがある部分を取り除いた。2017年に行った目視点検では異常は確認されていなかったという。

最終更新:10/16(水) 12:37
山陽新聞デジタル

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事