ここから本文です

“先輩ママ”の前で20代ママが「私はババア」…どう対処すべき?

10/16(水) 11:50配信

TOKYO FM+

さまざまな属性・世代の女性が集まる“ママ友”社会では、いろいろな問題が起こりやすいもの。住吉美紀がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「Blue Ocean」。今回の放送で、“20代ママの「ババア発言」”に悩むリスナーの意見を紹介したところ、たくさんの共感やアドバイスが寄せられました。今回は、その一部を紹介します。

【女性のお悩み】

夏休みに入り、娘の部活が連日あるためママ友と顔を合わせる機会が何気に増えます。そんななか、私より年下の20代のママが「私もうババアなのであちこち痛くて」と自分のことをババアと表現します。明らかに私よりも大先輩の前でもそう表現するので変な空気が流れ、非常に気まずいです。そんなとき、間にいる私は何と声掛けをすればいいのでしょうか。上手い言葉が見つからず、いつも苦笑いです。(34歳・女性)

――さまざまな年齢の女性が集まる“ママ友”社会において、ときに場を凍りつかせてしまう年齢に関する話題。同じような体験をしている人は多いようです。

◆下品だし面白くない!

これとても経験あります。口癖のように自分を卑下して笑いを取ろうとする人ってどこにでもいるんですね。私の友人にもいます。“私たちの年齢でババアとか言ったら、年上の人に失礼じゃん”と注意しても、その子の感覚の問題なので、結局直りませんでした。自分の容姿系の自虐ネタは本当に嫌いですし、第一“ババア”という単語を口から発したくない。下品だし、面白くない。口は災いの元。きっとそのうちその人も同じ経験をして違和感を覚え、やめるはずです。年齢の価値観は難しいです。私は品のある日本語をたしなみたいので、言葉には気を使っています。(26歳 会社員)

――まさに年齢の価値観は難しい。本人は謙遜のつもりでも、グサリとくる人もいるものです。いい解決法はあるのでしょうか?

◆何言ってるんですか!

わりと年配の方が“私ババアだから”と言ったときには、“こんなに可愛い、あるいは綺麗なのに、何言ってるんですか!”と言います。顔やスタイルということではなく年齢を気にしてちょっとうつむいてしまっている女性って、独特のアンニュイさがあって色っぽいですよね。(30歳 パート・アルバイト)

1/3ページ

最終更新:10/16(水) 12:06
TOKYO FM+

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事