ここから本文です

Nulbarich・JQが「90年代のジャパニーズヒップホップ」を厳選! KICK THE CAN CREWの名曲は…

10/16(水) 17:01配信

J-WAVE NEWS

J-WAVEで放送中の番組『SONAR MUSIC』(ナビゲーター:あっこゴリラ)。「SONAR'S ROOM」のコーナーでは、月曜から木曜まで日替わりのアーティストが、今の自分たちの音楽に影響を与えたカルチャーについて語る。10月14日(月)のオンエアでは、月曜担当のNulbarich・JQが登場。「90'S~00'S ジャパニーズヒップホップ」をテーマに語った。


■90年代に活躍した日本のヒップホップ・レジェンドの名曲

JQは、「90年代のUSを中心に、ヒップホップの影響をかなり受けてきた」という。90年代に活躍した日本のヒップホップ・レジェンドの作品から計4曲を紹介した。

・BUDDHA BRAND『ブッダの休日』

1曲目は、10月30日(水)に約19年ぶりのニューアルバムをリリースするBUDDHA BRANDの作品から『ブッダの休日』を紹介。

JQ :この曲は、たぶんヒップホップに目覚めたときに聴いていて、名曲中の名曲ですね。もう本当に。

・SOUL SCREAM『蜂と蝶』

JQ :この曲は「ブンブン、パッ!」って、みんなクラブで言ってましたね。まずこのイントロが流れたら、みんな「ギャー!」って言ってた気がします。久々に聴きました。歴代を振り返ると必ず出てくる気もするんですけど。

・KICK THE CAN CREW『ユートピア』

JQ :KICK THE CAN CREWの中ではわりと上位に入ってくる、JQ的名曲の1曲になるんですが。「なぜか涙が止まりません」って言ってますけど、名曲だから止まらないわけですよね。僕の大好きな曲です。もう、社会現象でしたもんね。KICK THE CAN CREWが世の中に出たときっていうのは。

・Shing02『Luv (sic.)pt.2』

JQ :ちょうどジャジーヒップホップっていう、みなさんが言ってた90年代ヒップホップとかが流行ってたときにこの曲がかかってたんじゃないかなって。その頃、リアルタイムだとFunky DLとかがかなり曲を出してたはずなんですけど。そんなときにたくさん聴いた1曲です。

JQが厳選したジャパニーズヒップホップの名曲を、ぜひ聴いてみてほしい。

J-WAVE『SONAR MUSIC』のワンコーナー「SONAR'S ROOM」では、月曜から木曜まで日替わりのアーティストがその日のテーマにまつわるトークを展開。時間は22時30分から。お楽しみに!


【番組情報】
番組名:『SONAR MUSIC』
放送日時:月・火・水・木曜 21時-24時
放送局:J-WAVE(81.3FM)

最終更新:10/16(水) 17:01
J-WAVE NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ