ここから本文です

西岡良仁「錦織圭は僕らの夢を示してくれた」<男子テニス>

10/16(水) 17:42配信

tennis365.net

イントゥルム・ストックホルム・オープン

男子テニスのイントゥルム・ストックホルム・オープン(スウェーデン/ストックホルム、室内 ハード、ATP250)は15日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク74位の西岡良仁が同46位のR・アルボット(モルドバ)を3-6, 6-4, 6-1の逆転で破り、初戦突破を果たした。

【西岡「不愉快な試合でした」】

同日に男子プロテニス協会のATPは公式サイトで西岡を特集した。

ATPのインタビューに応じた西岡は自身のプレースタイルについて「僕らのような小さい選手はスピードやテクニックがある。より重要なことは、精神的にファイターであること。大柄な選手ほどのパワーがない。サービスでポイントは取れない。対戦相手の弱点がどこか、どこが強みかを把握することが重要なことだと思う」と語った。

「R・ナダル(スペイン)やF・ベルダスコ(スペイン)のようなプレーをしたかった。ニックが『きみはとても小柄だ。だからスピードとテクニックを使わなければいけない。M・リオス(チリ)がまさにきみのようだった』と自分に言った。(リオスは)体格も近いし、左利きでもあった」

「彼(リオス)の試合をYouTubeで見るようになった。大柄な選手相手に、どうやってポイントを取っていたか、時にはネットへ出たりドロップショットを使ったり。彼はやりたいことが何でもできた。彼から学ぶことができた。今は彼のような選手になりたい」

今年8月のW&Sオープン(アメリカ/シンシナティ、ハード、ATP1000)で錦織圭に勝利する活躍を見せた西岡は「彼(錦織)は日本のテニス界のヒーロー。アジアのヒーロー。彼は示してくれた。彼も大柄な選手ではないし、テニス選手としては小柄。それまで日本人のナンバー1は松岡修造だった。圭は世界の4位までいった。自分たちもできると思えるようになったし、彼のようになりたい。彼は僕らの夢を示してくれた」を述べた。

昨年9月の深セン・オープン(中国/深セン、ハード、ATP250)で日本男子史上5人目のツアー優勝を成し遂げた西岡は「今年は優勝がないけど、ここまでいいプレーができているし、いい感じでもいる。より高いモチベーションを持っている素晴らしい選手になりたい。日本のテニス界でより大きな存在になりたい。それが今のモチベーション」と意気込んでいる。

イントゥルム・ストックホルム・オープンに初参戦の西岡は、2回戦で第3シードのT・フリッツ(アメリカ)と対戦する。

最終更新:10/16(水) 20:38
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事