ここから本文です

スペインがロドリゴの土壇場弾でドローに持ち込み、7大会連続の本戦出場を決める!《ユーロ2020予選》

10/16(水) 5:50配信

超WORLDサッカー!

ユーロ2020予選・グループF第8節のスウェーデン代表vsスペイン代表が15日に行われ、1-1の引き分けに終わった。

12日に行われた前節のマルタ代表戦を快勝した2位のスウェーデン(勝ち点14)は、その試合からスタメンを1人変更。ダニエルソンに代えてリンデロフがスタメンに名を連ねた。

一方、前節のノルウェー代表戦を土壇場被弾でドローに終わった首位スペイン(勝ち点19)は、その試合からスタメンを6人変更。GKケパやセルヒオ・ラモス、ブスケッツ、サウールらに代えてGKデ・ヘアやカルバハル、チアゴ、ロドリらをスタメンで起用した。

開始3分にファビアン・ルイスのミドルシュートで幕を開けた試合は、スペインがやや押し込む展開となる。すると7分、ファビアン・ルイスの折り返しをボックス手前に入り込んだチアゴがダイレクトシュート。これが相手DFのブロックに阻まれると、こぼれ球を再び拾ったチアゴがゴール前まで侵入、飛び出したGKをかわそうとしたが、GKオルセンの指がわずかにボールに触れ、決定機を阻止された。

立て続けの決定機で主導権を握ったスペインは、11分と20分にジェラール・モレノがスウェーデンゴール迫ったが、シュートは共にGKオルセンの好セーブに阻まれる。

守護神の好守に応えたいスウェーデンは27分、GKデ・ヘアからのスローを受けたアルビオルにオルソンがハイプレスをかけると、敵陣でロストボールを拾ったクアイソンがそのままボックス内まで侵入。しかし、シュートは左サイドネットに外れた。さらに33分にも、ルスティグの右クロスからクアイソンがヘディングシュートを放ったが、これはGKデ・ヘアのセーブに防がれた。

ゴールレスで迎えた後半、先にスコアを動かしたのはホームチーム。50分、クアイソンの左クロスからベリの放ったヘディングシュートをGKデ・ヘアが弾くと、いち早く反応したフォルスベリが右足で流し込もうとするが、これもGKデ・ヘアがブロック。それでも、この浮き球を最後はゴール前のベリが頭で押し込み、スウェーデンが先制に成功した。

先制を許したスペインは、60分にGKデ・ヘアが足を痛めるアクシデント。自ら交代を要求したGKデ・ヘアはプレー続行不可能となり、GKケパがスクランブルで投入した。

1点を追うスペインは、66分にチアゴを下げてロドリゴを投入すると直後にチャンス。67分、右FKのセカンドボールをボックス右横で拾ったダニ・セバージョスがクロスを供給するとジェラール・モレノがダイビングヘッドで合わせたが、これはゴール左に外れた。

ゴールが遠く敗戦ムードが漂うスペインだったが、後半アディショナルタイムにドラマが待っていた。92分、右CKをファーサイドで拾ったファビアン・ルイスがシュート左足を振り抜くと、最後はゴール前のロドリゴが押し込み、ゴールネットを揺らした。

結局、試合はそのまま1-1で終了。ロドリゴの土壇場弾で追いついたスペインは、これでグループ2位以上が確定し、7大会連続11回目の本戦出場を決めた。

■グループF■
1.スペイン[20/8/14]
2.スウェーデン[15/8/9]
3.ルーマニア[14/8/9]
4.ノルウェー[11/8/3]
5.フェロー諸島[3/8/-19]
6.マルタ[3/8/-16]

超WORLDサッカー!

最終更新:10/16(水) 5:50
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事