ここから本文です

アーセナル&エバートン、今年9月にラ・ロハデビューのビルバオDFに関心か

10/16(水) 21:45配信

超WORLDサッカー!

アーセナルとエバートンが、アスレティック・ビルバオに所属するスペイン代表DFウナイ・ヌニェス(22)に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。

長年、センターバックの脆さを指摘されているアーセナルは、今夏にチェルシーからブラジル代表DFダビド・ルイスを獲得。だが、ここまでのプレミアリーグで11失点を喫しており、安定しているとは言えない状況だ。

一方で、今夏に最終ラインの補強を目指していたエバートンだが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するアルゼンチン代表DFマルコス・ロホ(29)の獲得に失敗。その背景もあり、依然として最終ラインの補強に動いているとみられている。

『デイリー・メール』によれば、ヌニェスの契約解除金は3000万ポンド(約41億5000万円)に設定されているという。また、イタリア方面からはセネガル代表DFカリドゥ・クリバリの後釜として、ナポリが視線を注いでいると噂されていることから、争奪戦が繰り広げられる可能性がありそうだ。

ビルバオ下部組織出身のヌニェスは2017年6月にトップチームに昇格すると、今シーズンは開幕から2試合に出場し、9月にスペイン代表デビュー。だが、DFイニゴ・マルティネスがケガから復帰して以降、ベンチを温める日々が続いている。

超WORLDサッカー!

最終更新:10/16(水) 21:45
超WORLDサッカー!

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合

あなたにおすすめの記事