ここから本文です

F1メキシコGPのタイヤ選択が明らかに。トップ3チーム、中団勢ともに選択にばらつき

10/16(水) 12:47配信

オートスポーツweb

 F1タイヤサプライヤーのピレリが、2019年第18戦メキシコGPに向けて各ドライバーが選択したタイヤコンパウンドの内訳を発表した。

【写真】2019年F1第18戦メキシコGP 全ドライバーのタイヤ選択

 アウトドローモ・エルマノス・ロドリゲスを舞台に開催されるメキシコGPに持ち込まれるタイヤは、最も硬いハードタイヤ(ホワイト)がC2、中間のミディアムタイヤ(イエロー)がC3、最も柔らかいソフトタイヤ(レッド)がC4となっている。

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンは、ソフトタイヤを9セット、ミディアムタイヤを3セット、ハードタイヤが1セットと同じ選択をしている。

 トロロッソ・ホンダは、ダニール・クビアトがソフトタイヤを7セット、ミディアムタイヤを4セット、ハードタイヤを2セット選択。チームメイトのピエール・ガスリーは、ソフトタイヤが7セット、ミディアムタイヤが5セット、ハードタイヤが1セットだ。

 メルセデス勢は、ルイス・ハミルトンがソフトタイヤを7セット、ミディアムタイヤを5セット、ハードタイヤを1セット選択している。バルテリ・ボッタスはソフトタイヤを7セット、ミディアムタイヤを4セット、ハードタイヤを2セット持ち込むようだ。

 フェラーリのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールは同じ選択となっており、ソフトタイヤが7セット、ミディアムタイヤが5セット、ハードタイヤが1セットとなっている。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/16(水) 12:50
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事