ここから本文です

日本のプライベーターの実力をみせろ! WTCR参戦のAudi Team Hitotsuyamaに期待

10/16(水) 15:47配信

オートスポーツweb

 10月25~27日、三重県の鈴鹿サーキットで開催されるWTCR世界ツーリングカーカップ。全日本スーパーフォーミュラ選手権との併催イベントとなるレースだが、今回ワイルドカード枠でAudi Team Hitotsuyamaから、富田竜一郎と宮田莉朋のふたりが参戦する。

 WTCC世界ツーリングカー選手権時代から日本ラウンドにはこれまで多くの日本人ドライバーが参戦してきており、日本ラウンドの見どころのひとつとなっていたが、今季はWTCRとなって初めて日本人ドライバーが参戦することになった。しかも日本チームからの参戦とあり、注目度は高い。

 参戦するのは、スーパーGT GT300クラスのトップチームのひとつであるAudi Team Hitotsuyamaだ。長年アウディジャパンのサポートを受けており、2台のアウディRS3 LMSで参戦する。7号車は、スーパーGTでもステアリングを握る富田、そしてもう一台の77号車は、全日本F3選手権で今季最多勝タイの成績を残した宮田がドライブする。

 2台のアウディのうち、富田車は昨年WTCRを走っていたマシンそのもの。また宮田車は、スウェーデンのSTCCで走っていたマシンだ。チームはイベントをはじめTCRジャパンシリーズで、篠原拓朗のドライブでこのマシンを走らせているほか、ピレリスーパー耐久シリーズにも参戦。さまざまなデータを蓄積している。

 もちろんドライバーふたりとも若手で、世界との戦いははじめてのことだ。アウディRS3 LMSやヨコハマタイヤの経験はあり、鈴鹿サーキットは数え切れないほど走っているとはいえ、勝手が違うレース、そして東コース開催はふたりとも初めて。「ショートカットは通ったこともない」というほどだ。

 しかしそれでも、スーパーGTや全日本F3選手権でふたりの速さは証明されている。富田は「トップ10に入れるか……」、宮田は「状況が分かりませんがトップを目指します」と謙虚な姿勢をみせるものの、期待せずにはいられない。

 Audi Team Hitotsuyamaにとっても、鈴鹿10時間に続く世界への挑戦となる。世界共通規定ならではのTCRだからこそ実現したスポット参戦だが、日本のプライベーターの底力をぜひみせてほしいところだ。なお、Audi Team Hitotsuyamaは今回WTCRに参戦するため、TCRジャパンシリーズには参戦しない。

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/16(水) 15:47
オートスポーツweb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事