ここから本文です

ホークスが紅白戦を実施 今宮が3安打、牧原と柳田に一発が飛び出すなど好調維持

10/16(水) 18:20配信

Full-Count

今宮が3安打、ナインからはCSファイナルから続く連続安打に「健太、8の8やぞ~」

 ソフトバンクは16日、日本シリーズ前の練習として紅白戦を実施。6回までの変則ルールで行われ、牧原大成内野手と柳田悠岐外野手が本塁打を放った。

【写真集】藤田ニコル似や筧美和子似と今年も “美女”だらけ…ヤフオクドームを彩る球場の華、売り子美女ギャラリー

 実戦モードの練習として実施された紅白戦。そのスタメンは以下のとおり。

【紅組】
1(二)明石健志
2(一)川島慶三
3(中)柳田悠岐
4(右)グラシアル
5(左)中村晃
6(DH)長谷川勇也
7(遊)高田知季
8(三)周東佑京
9(捕)高谷裕亮
投手 ミランダ

【白組】
1(二)牧原大成
2(遊)今宮健太
3(一)内川聖一
4(DH)デスパイネ
5(三)松田宣浩
6(中)福田秀平
7(捕)甲斐拓也
8(左)栗原陵矢
9(右)上林誠知
投手 スアレス

周東対甲斐の夢対決が実現、軍配は甲斐キャノンの勝利

 白組は牧原の先頭打者初球ホームラン、今宮の三塁打、内川の犠飛で初回に2点を先制。今宮は第2打席でもタイムリー、第3打席でも二塁打を放ち、ベンチからは「健太、8の8やぞ~」とCSファイナルステージから続くヒットを称賛する声が飛んだ。他にも福田の鋭いライナー性の犠飛、内川の適時二塁打、松田のタイムリーなど、白組は打線が爆発した。

 一方の紅組は柳田が第2打席で育成の長谷川宙輝から本塁打。ファールで粘った末に右中間スタンドにまで運んだ。

 先発のスアレスは2回無失点、ミランダは3回4失点。その後は長谷川宙、CSで登板機会がなかった松田遼馬、ルーキーの泉圭輔、川原弘之が登板した。

 周東のスチール対甲斐キャノンという紅白戦ならでは対決も見られたが、結果は甲斐キャノンの勝ち。また、周東と川島のダブルスチールでの得点、グラシアルの三塁守備なども見られた。

藤浦一都 / Kazuto Fujiura

最終更新:10/16(水) 18:56
Full-Count

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事