ここから本文です

秋深まる街快走 こまつマラソン勧進帳

10/16(水) 2:12配信

北國新聞社

 小松市スポーツ協会の2019こまつマラソン勧進帳(北國新聞社後援)は14日、同市の勧進帳スタジアムを発着点とする2、3、5、10キロの各コースで行われ、県内外から参加した1380人が秋深まる市中心部を駆け抜けた。

 中学生男女が対象の3キロ種目のスタート前には和田慎司市長が激励し、芦城中陸上部副キャプテンの吉川真広さん(2年)が「自己ベスト目指して頑張るぞ」の掛け声で走者を鼓舞した。今大会から50歳以上の男女を対象とした5キロコースが新設された。

 南加賀女性スポーツの会の応援協力(本社後援)はコース沿道で行われ、会員13人がランナーに声援を送りながら市産のトマト約100個を振る舞った。

 小松署、市防犯協会の5人は盗難や特殊詐欺の被害防止対策をまとめたチラシを添えたばんそうこう、ウエットティッシュの各400セットを配布した。

北國新聞社

最終更新:10/16(水) 2:12
北國新聞社

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事