ここから本文です

オダギリジョーの自作映画「ある船頭の話」 中国で初上映

10/16(水) 14:30配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・山西省(Shanxi)晋中市(Jinzhong)平遥県(Pingyao)で14日夜、第3回平遥国際映画祭(Pingyao Crouching Tiger Hidden Dragon International Film Festival)が行われ、日本から俳優のオダギリジョー(Joe Odagiri)さんが脚本・監督を務めた映画『ある船頭の話(英語版タイトル:They Say Nothing Stays the Same)』が中国で初上映された。

【写真】舞台であいさつするオダギリジョーさん

 同作品は第76回ベネチア国際映画祭(Venice Film Festival)のベニス・デイズ部門で上映されている。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:10/16(水) 18:27
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事