ここから本文です

中国初の国産砕氷船「雪竜2号」が南極へ初航海

10/16(水) 17:45配信

CNS(China News Service)

【CNS】中国・国家海洋局(State Oceanic Administration)極地調査弁公室の秦為稼(Qin Weijia)主任は14日、中国初の国産極地科学調査用砕氷船「雪竜(Xue Long)2号」が南極に向けて初航海を行うと発表した。

【写真】出港する「雪竜2号」

「雪竜2号」は「雪竜号」とともに、中国第36次南極調査を行う。今回の調査は2船で4基地への調査任務となる。「雪竜2号」はまず中山基地(Antarctic Zhongshan Station)で作業を行い、その後、引き続き南極海の総合調査と長城基地(Antarctic Great Wall Station)での調査に参加し、2020年3月下旬頃に帰還予定。(c)CNS/JCM/AFPBB News

※この記事は、CNS(China News Service)のニュースをJCMが日本語訳したものです。CNSは1952年に設立された中華人民共和国の国営通信社です。

最終更新:10/16(水) 18:21
CNS(China News Service)

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事