ここから本文です

「愛の葉」活動無期限休止へ 18年にリーダーが自殺

10/16(水) 9:26配信

愛媛新聞ONLINE

 愛媛を拠点とする農業アイドル「愛(え)の葉Girls」の所属事務所「フィールド愛の和」(伊予市)は15日、12月下旬からグループの活動を無期限休止すると発表した。20日に東温市内で記者会見を開き、詳細を説明する。
 グループを巡っては、2018年3月にリーダー=当時(16)が自殺。同年10月、遺族が元所属事務所「hプロジェクト」(松山市)の社長らによるパワハラや過重労働が原因などとして損害賠償を求め提訴した。元事務所は今月11日、公表内容が事実に反し名誉毀損(きそん)に当たるとして反訴。係争が続いている。
 グループは18年6月にフィールド愛の和に移籍し、活動を再開した。同社も当初は訴訟対象となっていたが、今年8月に遺族側が被告から取り消した。
 同社は20日午前11時半から、東温市見奈良のシアターNESTで一般参加も可能な送る会を実施。その後、会見を開く。大井光雄社長は「グループの一つのけじめ。リーダーを追悼するとともに、メンバーを次のステージに進ませてあげたい」と話している。

愛媛新聞社

最終更新:10/16(水) 9:26
愛媛新聞ONLINE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事