ここから本文です

日本株は大幅続伸、米好決算と米中緩和で景況感回復-電機や機械高い

10/16(水) 8:00配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): 16日の東京株式相場は大幅続伸し、日経平均株価とTOPIXは年初来高値を更新した。米中貿易協議の不透明感が薄れる中、米国の企業決算が好調にスタートしたことを受けて先行きの景気不安が後退した。円安推移から電機や機械、自動車など輸出関連、米長期金利の上昇で利ざや改善期待の銀行も高い。

岡三証券の山本信一シニアストラテジストは、米中貿易摩擦が緩和に向けて進展していることから「これまで悲観的に見ていた海外勢を中心にショートカバーが入っている」と指摘。好調な米決算に続き、これから本格化する国内決算を前に、「ドル・円が日銀短観の想定レートである1ドル=108円68銭に接近し、為替影響で業績下方修正が警戒される輸出企業を中心に安心感が出てきた」と話した。

(c)2019 Bloomberg L.P.

Shingo Kawamoto

最終更新:10/16(水) 11:52
Bloomberg

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事