ここから本文です

【台風19号】数検、団体受検申込をすべての地域で延長

10/17(木) 9:45配信

リセマム

 日本数学検定協会は2019年10月15日、実用数学技能検定(数学検定・算数検定)団体受検の申込みの締切日を延長したことを公表した。台風の影響を受けた地域を考慮し、すべての地域において締切日を変更する。

2019年度検定日一覧

 変更するのは、第346回(2019年11月15日)と第347回(2019年11月16日)実施の実用数学技能検定(数学検定・算数検定)の団体受検。申込みは9月17日から開始し、10月18日を締切日としていた。

 しかし、台風19号で被災した地域の復旧作業などに配慮し、すべての地域でマイページからの申込みに限り締切日を延長することにした。延長後の締切りは第346回、第347回ともに10月21日となる。

 今後の団体受検は、第348回が12月7日、第349回が2020年1月18日、第350回が2月14日、第351回が2月15日。2019年度最終は第352回の3月7日実施となる。検定受付などの詳細はWebサイトで確認できる。

《リセマム 田中志実》

最終更新:10/17(木) 9:45
リセマム

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事