ここから本文です

今夜スタート!米倉涼子「ドクターX」新シリーズの見どころ

10/17(木) 6:16配信

シネマトゥデイ

 10月17日から人気ドラマ「ドクターX ~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系、毎週木曜よる9時~)の第6シリーズの放送がスタート。今夜の放送を前に新シリーズの見どころを紹介する。(編集部・吉田唯)

「ドクターX」新キャストもずらり【イベント写真】

大門未知子がカムバック!合理化が進む医療現場に挑む

 群れや権威を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルを武器とする天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)の活躍を描く本作。2年ぶりの復活となる第6シリーズでは、第4・5シリーズで未知子が派遣されていた日本最高峰の大学病院「東帝大学病院」が倒産寸前状態に。企業再生のプロのもと東帝大学病院は経営再建の道を歩み始めるが、一方でそれはリストラやコストカットという“医療の合理化”を迫られるということでもあった。ビジネス最優先、政治と権力争いがますます激化する医療現場で、未知子はまたしても孤独な戦いに身を投じる。

今回も豪華!市村正親ら新キャスト陣

 麻酔科医・城之内博美役の内田有紀をはじめとする、遠藤憲一、勝村政信、岸部一徳といった常連メンバーに加え、豪華な新キャストが多数参加。東帝大学病院の経営再建に着手する投資家・ニコラス丹下役の市村正親、合理主義的な外科医・潮一摩役のユースケ・サンタマリアのほか、武田真治、清水ミチコ、藤森慎吾、戸塚純貴、河北麻友子、今田美桜らが名を連ねている。「私、失敗しないので」のセリフでおなじみの未知子だけでなく、毎シーズン個性的なキャラクターが活躍する作品とあって、新キャスト陣がどのように物語を盛り上げていくのか気になるところだ。

第1話は松坂慶子!ゲスト出演者にも注目

 「ドクターX」といえばゲスト出演者も見どころの一つ。第1話では本作の大ファンだという松坂慶子がゲスト出演し、東帝大学病院の食堂で働くおばちゃん・岩田一子を演じる。元気が取り柄だったはずが、突然“肺塞栓症”の疑いが浮上し、ニコラス丹下が推し進めるAI診断に則って手術台へと上げられてしまうことになる一子を演じる松坂は、「第1話のゲスト…プレッシャーですよー!」と緊張を告白。「これまでの皆さんのお芝居を見てきているので本当に責任重大だなぁと思っているんです」と語っていた。

主題歌はP!NKが歌う大ヒット曲

 世界のポップ・アイコンとして知られるP!NKが歌う「ソー・ホワット」が主題歌に。主題歌発表時に、P!NKは「作曲当時の私のありのままの気持ちを表現した『ソー・ホワット』は、これまでのキャリアや人生においてとても思い入れのある楽曲です。少しでも“パワフルな女性”というドラマの世界観を後押しできることを願ってます」とコメントを寄せていた。ちなみに、P!NKの楽曲が日本の連続ドラマ主題歌に起用されたのは今回が初となる。

最終更新:10/17(木) 6:16
シネマトゥデイ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ