ここから本文です

【菊花賞】ヒシゲッコウ 出世レースから一気の戴冠へ

10/17(木) 6:40配信

netkeiba.com

 20日に京都競馬場で行われる菊花賞(3歳・GI・芝3000m)。淀の坂を二度駆け上がる過酷なコースで争われる三冠の最終戦に22頭が登録している。

【写真】ヒシゲッコウこれまでの軌跡

 7月27日に行われた阿寒湖特別(3歳上・札幌芝2600m)を勝利したヒシゲッコウ(牡3、美浦・堀宣行厩舎)は、C.スミヨン騎手との初コンビで菊花賞に挑む。前走で制した阿寒湖特別は、2001年にはのちの菊花賞馬マンハッタンカフェが制している一戦。

 同馬は父ルーラーシップ、母ラルケット、その父ファルブラヴ、半兄にステルヴィオをもつ血統。ここまでの戦績は4戦して3勝3着1回と安定感も抜群。出世レース勝利の勢いそのままに、クラシック制覇なるか。

最終更新:10/17(木) 6:40
netkeiba.com

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

あなたにおすすめの記事