ここから本文です

「意外といける」「これ美味いぞ!」 話題のローソン「甘い悪魔」食べてみた。

10/17(木) 18:19配信

東京バーゲンマニア

発売1周年を迎えた、ローソンの人気シリーズ「悪魔のおにぎり」に驚きの新作が登場しました。

それが「悪魔のおはぎり」。2019年10月15日発売の新商品です。

甘いの?しょっぱいの?

公式サイトによると、もち米と黒ゴマを加えたごはんで粒あんを包み、甘いきなこをトッピングした、まるでおはぎのような甘いおにぎり、とのこと。

「ご飯に甘いものは合うのか?」と少々疑問ですが、SNSではなかなか好評のようです。

「あまじょっぱくておいしかった」
「意外といける。思ったより悪くない。おにぎりよりのおはぎって感じ」
「興味だけで買ってみたけどこれ美味いぞw」
「甘すぎないから食べやすかった」
「品薄でようやくゲットして食べてみたけどめっちゃうまい!」

東京バーゲンマニア記者も実際に食べてみました。

第一印象は、ご飯の味や食感はお赤飯にそっくりです。もち米で作られていて、かつ小豆が多めに入っているので食べ応えがあります。腹持ちも良さそうです。

ただ、中具としてあんこが詰まっているので、食べ進めるとたしかに「甘い」です。形はおにぎりですが、味はちゃんとした「おはぎ」でした。

あんこはトッピングというより「主役の具」としてしっかり存在感があり、甘党さんには嬉しい味かもしれません。

SNS上では

「これ本当におにぎりの形したおはぎ」
「普通におはぎでよくね?って味だった....」

など、おはぎ感を強く感じたという意見も出ています。

甘いもの好きさんはお試しを。

価格は、140円。

詳細は公式サイトへ。

最終更新:10/17(木) 18:19
東京バーゲンマニア

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事